ジャパンインターナショナルボートショー2015【高気圧酸素カプセル&フルドライスーツが気になる私】

『ジャパンインターナショナルボートショー2015』を見に、横浜にあるパシフィコ横浜に来ています。

ジャパンインターナショナルボートショー2015

カワサキコーナーの裏側にもあったのですが、こちらにも高気圧酸素カプセルのブースがありました。

ジャパンインターナショナルボートショー2015

ボートショーと酸素カプセルの繋がりがよく分かりませんが、『大型のクルーザーを買う人=お金持ち=地位もお金もあるけど疲れている⇒酸素カプセルで復活』みたいな感じでしょうか。

ジャパンインターナショナルボートショー2015

飲む酸素なるものも販売されていて、結構な値段のようですが、効果はあるのでしょうか?あまり酸素関連の知識や情報が自分自身にはないため、よく分かりません。

ジャパンインターナショナルボートショー2015

こんな感じの小さなブースがアチコチにあり、全部をじっくり見て回るには時間が足りませんね。

ジャパンインターナショナルボートショー2015

船関連の展示会だけにボート免許の宣伝をしているブースも多くあり、私も随分前ですがボート免許を取得した時のことを思い出しました。

ジャパンインターナショナルボートショー2015

当時はジェットスキー専用免許などは存在せず、ボートで実技講習をしたもの。車やバイク、自転車、手漕ぎボートなどには乗ったことはあっても、エンジン付きのボートに乗るのは始めての体験で、とても楽しかったことを覚えています。

江戸川や湖などでボート免許の実技講習をしている姿を見掛けますが、私が講習を受けたのは海でした。海に浮かぶブイの間を通り抜けたり、人命救助の訓練をしたり、ロープの結び方を学んだりと、学校では習わないようなことの連続で、本当に充実して面白かった記憶があります。

新しいことを始めるってこんなにワクワクするものなんだと、若いながらに思ったものです。水の上を自由自在に走り回る気持ちよさは体験した人にしか分からないものですから、興味があれば是非体験してもらいたいものです。

ジャパンインターナショナルボートショー2015

ジェットスキーの販売店ではある程度有名な『ネオネットマリン』の用品コーナーが今年も出店していました。

ジャパンインターナショナルボートショー2015

特に買うものは無いのですが、フルドライスーツの前で足が止まりました。今使っているフルドライスーツも7年位経過しており、一度首の部分のゴムシールが破損し、修理に出したことがあります。

まだまだ使えると私は思っているのですが、新品のフルドライスーツの生地を触ってビックリ!「こ、こんなに新品の生地って柔らかいんだ、今使っているフルドライの生地は結構硬いけどな・・・」と、思いました。

購入当初はこんな感じで柔らかかったのかもしれませんが、経年劣化でたんだん硬くなってしまったのでしょうか。「そろそろ買い替え時かもしれないな」と、思いますが、何せやはり良いものは高く、7万円近い金額を見ると躊躇してしまうのも事実。

かといって2~3万の安いフルドライスーツを買って2シーズン程でダメになった友人の例もあり、あまり安いフルドライスーツには手を出したくないもの。

「あ~、やっぱ新しいものはいいよなぁ~」と思いながら、ネオネットマリンのコーナーを後にしました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る