ジャパンインターナショナルボートショー2016『ドラマ下町ロケットに出たトーハツの船外機&斬新なトヨタのクルーザー』

『ジャパンインターナショナルボートショー2016』を見に、横浜にあるパシフィコ横浜に来ています。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

ホンダのコーナーもじっくり見たので、受付のキレイなお姉さんを見ながらブースを後にします。キャンピングカーショーと違い、ボートショーはコンパニオンのお姉さんが多数いて、キレイなお姉さんを見るだけでも楽しいもの。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

ボートショーが始まって1時間程経過し、パシフィコ横浜の会場内はご覧の通りの混雑ぶり。ツーリズムエキスポジャパンやキャンピングカーショーもそうですが、レジャー関連の展示会はどこも盛況ですね。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

こちらはトーハツのコーナー。私は見ていないのですが、ドラマ『下町ロケット』にトーハツの船外機が出ていた模様。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

第3話でロケットエンジン開発の第一歩として当社船外機が登場しました。と、あります。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

実際に撮影された船外機です。トップカウルに主演 阿部寛 安田顕 様お二人のサインを頂きました。

と、ありました。やはり自社の製品がテレビで紹介され、放映されるのは嬉しいものなんでしょうね。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

トーハツのお隣はトヨタのブース。こちらのブースもそれなりに面積が大きく、クルーザーなども展示。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

トヨタと言えば自動車のイメージしかありませんが、トヨタホームや船など、住宅建築やレジャー分野にも進出しています。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

展示してあるクルーザーも見学待ちの行列ができていて、『見学待ちの最後尾はコチラ』という札を掲げたお兄さんが階段の途中に立っていました。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

このクルーザー、側面のデザインが斬新です。赤い船体にカモフラージュデザインを施し、遊び心溢れる演出となっています。

従来の白一色のクルーザーから、キャンピングカーのようにカラーバリエーションが選べる時代になりつつあるのでしょうか?やはり遊びの道具なので、これ位の派手さは欲しいところです。

こんなクルーザーで大海原に乗り出して航行すればさぞかし楽しくてストレス解消になるだろうなぁ~と、思ってしまいますね。

関連記事

ページ上部へ戻る