ジャパンインターナショナルボートショー2016『BRP can-am &美女撮影会に食い付くオッサン・・・』

『ジャパンインターナショナルボートショー2016』を見に、横浜にあるパシフィコ横浜に来ています。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

こちらは、BRPのコーナー。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

can-amという3輪のバイクのような乗り物を展示。BRPと言えばジェットスキーであるSEA DOOが真っ先に思い浮かぶのですが、このような面白そうな乗り物も販売しているみたい。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

ちょっと悪っぽい顔つきと、その近未来的なフォルムは斬新そのもの。街中を走っていれば目立つこと間違いナシ。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

カナダのボンバルディア社製で、排気量1,330、重量471kgというスペック。SPYDER RTというモデル名。

価格は280万円程とそこそこお高いお値段ではありますが、このアニメに出てきそうな格好の面白そうな乗り物の値段としては、「これ位はするのかなぁ~?」といった感じ。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

オレンジのバージョンもあるみたい。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

こちらも同じようなスペックで、排気量1,330cc、重量386kgでお値段は若干お安い230万円程。230万円というお値段であればジェットスキーウルトラ310Rとそれ程大差ないため、これ位であれば少し無理すれば買えるという方もいるでしょう。

セミオートマの6速で、普通自動車免許で乗れると書いてあることから、バイクではなく車というジャンルの中に入るみたいです。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

でもこうやって見るとやっぱりバイクのような気もするのですが・・・。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

こっちは先程の白バージョン。やっぱりバイクに見えてしまう私。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

白バージョンのリア部分を見ると何だか白バイのようにも見えますね。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

それでも、タイヤ部分を見ると「やはり車なのかなぁ~」と思ってしまいます。購入するのは無理だけど、レンタルや試乗車などがあれば乗ってみたいと思わせる乗り物ですね。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

BRPのcan-amを見ていると何だか近くのコーナーが騒がしくなっていました。見に行くと中古ボート・ジェットスキーのコーナーでプチ撮影会のようなものが行われていました。

それに食い付いて撮影するオッサン連中が沢山。手前に少しむさ苦しいオッサンの頭が写ってしまいましたが、私もオッサンの一人として鼻息荒く撮影に参加。

ジャパンインターナショナルボートショー2016

とりあえずオッサンの頭をカットした写真も載せておきますね。やはりマリンスポーツには美女がお似合い。これまた鼻の下を伸ばして撮影に興じるオッサンに交じり、私も楽しく撮影させて頂きました。

関連記事

ページ上部へ戻る