『ジャパンインターナショナルボートショー2017』inパシフィコ横浜へ行ってきました【その18】ジェットスキーツーリングの問題点を解説

今回は、2017年3月5日(日曜日)に横浜のパシフィコ横浜で開催された『ジャパンインターナショナルボートショー2017』を見に行った時の様子をご紹介。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

MAXトレーラーのコーナーにやってきました。私がジェットスキーを始めた23年前頃は、ジェットスキーをワンボックスカーの中に積んでゲレンデまで行くのが主流でした。

その当時もジェットスキー用トレーラーというモノも存在はしていましたが、非常に高額(軽トレーラーが40万円程)で、ジェットスキーを始めたばかりの私にとっては高値の花という感じでした。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

それが今やトレーラーでジェットスキーをゲレンデまで牽引して運ぶ方法が主流となり、ワンボックスカーの中にジェットスキーを積んで運ぶ方はごく少数派に・・・。

ジェットスキー自体のトレンドも変化し、23年前は2ストのシングルジェットスキーが主流でしたが、現在は2~3人乗りの4ストジェットスキーが主流になり、重量も150kg程から350kg程と大幅に増加。

それに伴い、ワンボックスカーの中にジェットスキーを入れて運ぶのが困難になったというのも正直なところ。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

白いウルトラ310がトレーラーの上に載っていますが、今はこのようなスタイルが一般的。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

それに伴い様々なトレーラーメーカーがジェットスキー用トレーラーを製造・販売しています。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

今は40万円も出せばかなり豪華なジェットスキー用トレーラーを購入することができ、良い時代になったものです。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

これだけトレーラーメーカーがあると、当然ピンキリあり、私が独断と偏見で良いと思われるジェットスキー用トレーラーを少し挙げておきます。

●サン自動車のジェットスキー用トレーラー

私がジェットスキーを始めた当時からジェットスキー用トレーラーを製造・販売しており、丈夫で長持ち。

あの当時は高額過ぎて手が出ませんでしたが、2016年にようやく手に入れ、現在カワサキのジェットスキー ウルトラ310Rをゲレンデまで運ぶのに使用中。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

●ソレックスのジェットスキー用トレーラー

仲間が数台利用しており、『KAMIKAZE』という名前で、ジェットスキーショップが取り扱っているジェットスキー用トレーラーが安価で丈夫そう。

数年に渡って見ていますが、仲間のソレックス製トレーラーに大きなトラブルは発生しておらず、良いトレーラーだと思います。

●AQトレーラーというジェットスキー用トレーラー

現在メーカーの製造・販売は終了していますが、2艇積のモデルを7年程所有していたことがあり、その間のトラブルは皆無だったことから、信頼のおけるトレーラーだと思っています。

今は中古という形でしか購入することはできませんが、程度の良い物があれば買いだと思いますね。

ジェットスキー用トレーラーのホイールを交換すれば、かなりスタイリッシュになると思うのですが、今のところその予算がありません。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

最近はこのようなカッコいいホイールもあるため、交換すればジェットスキー用トレーラーの足元が引き締まりますね。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

白いトレーラーも展示してありました。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

昔も白いトレーラーがありましたが、やはりキレイなうちは良いのですが、外で使用する上に水の中に直接浸けてしまうような使い方をするだけあり、汚れてしまうとあまりよろしくなかったような気が・・・。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

近くのステージ上では・・・。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

最近都心で流行っている、ジェットスキーによるツーリングの問題点をテレビの報道を交えて説明中でした。

このように積極的にジェットスキーに関する問題をボートショーで発信するということは、それだけ深刻で、大きな問題になっているということを表しています。

ただ、こうして問題点を隠さず情報を共有することは、マナーの悪いジェットスキーを減らすという意味でも有効だと思います。

どうしても目立ってしまうため、何かと悪く言われがちなジェットスキーではありますが、私達もマナーを守って安全に楽しまなければならないと感じました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る