『ジャパンインターナショナルボートショー2017』inパシフィコ横浜へ行ってきました【その23】2017年のボートショーも楽しめました

今回は、2017年3月5日(日曜日)に横浜のパシフィコ横浜で開催された『ジャパンインターナショナルボートショー2017』を見に行った時の様子をご紹介。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

ボートショーの会場内をくまなく見て回ると、特に展示している製品が多いのがこのSUP(スタンドアップ・パドル・ボード)の姿。ボートやジェットスキー等に比べて価格も安価な上、持ち運びや保管もしやすいため、それなりに楽しむ人も多いと思われます。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

様々な大きさやデザイン、果ては電動モーターを取り付けることができるアタッチメント等も続々と登場しているため、これからの季節は海や湖で頻繁に見掛けるようになるかもしれません。

ジャパンインターナショナルボートショー2017ncenter size-full wp-image-19819″ />

人が大勢群がっています。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

キレイなお姉さんが船の解説をしていました。キャンピングカーショーでは、あまりコンパニオンさんによる展示車両の説明というものはありませんが、ボートショーでは会場のアチコチでこのような光景が展開。

やはりボートショーはキャンピングカーショーとは少し違う華やかさがあると思う私。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

このマリンジェットを載せているトレーラーは、私の所有している『サン自動車』製のトレーラー。ヤマハのジェットスキーを載せるために純正採用されているところを見れば、やはり信頼性のあるジェットスキー用トレーラーだということが分かりますね。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

ちなみにこのMJ-EX Deluxeは100馬力チョイと今のジェットスキーにしては非力ではありますが、121万円と、入門用のジェットスキーとしては手頃な価格だと思います。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

こちらはヤンマーの大型クルーザー。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

価格は2,967万円と非常に高額ですが、2級船舶免許で操船可能ということで、購入することはできませんが、私もこのクルーザーを操船することはできるみたい。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

「通信カラオケなの?」と思ってしまった左側にある製品は、マリン用スピーカーのよう。マリン用ということで当然防水処理がされているのですが、そこそこいい音を響かせていました。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

近くで見るとこんな感じ。ただ、私は海上や湖上に出てまで音楽を聞こうとは思いません。船体が水を切る音や、エンジン音、鳥の声などがアウトドアならではのBGMだと思うのですが、いかがなものでしょうか?

ジャパンインターナショナルボートショー2017

このようなウエィク船に取り付け、音楽を聞きながらトリックでもするのであれば、ノリノリになっていいかもしれませんね。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

先程見た手の平に載るドローン。羽の部分が折り畳みできるため、パッと見は少し大きなパソコン用の『マウス』のよう。

コレに羽が格納されていて飛んでいくことができるのですから、なかなか面白い発想だと思いますね。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

ジャパンインターナショナルボートショー2017も楽しめました。会場であるパシフィコ横浜周辺のみなとみらい地区は賑わっていました。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

皆さんどこへ向かっているのかは分かりませんが、大勢の人が歩道を歩いています。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

車の量もかなりのもの。今日はお天気も良く穏やかな一日のため、行楽施設は大賑わい。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

路上パフォーマーも出ていました。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

もと来た道を戻ります。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

いつものヘンテコなオブジェを見ながら、桜木町駅を目指して歩きます。来年のボートショーにはどのような新型ジェットスキーやボート等が出ているのか、今から楽しみですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る