カムロードのエアコン(クーラー)改良作戦『エアコンブースター』【その03】

私の所有しているキャンピングカーのベース車両である、カムロードというキャンピングカー専用シャーシですが、エアコン(クーラー)の効きがイマイチ。

そこで、エアコンのコンデンサーにホースで水を掛ける装置を自作することに。その製作過程をご紹介。

カムロード エアコン(クーラー)

水タンクの中に入っている水中ポンプを無事に取り出すことができ、次はついでにというか、水タンク周りの不要なホースを撤去しようと思い、とりあえず見える範囲で取り外していきます。

カムロード エアコン(クーラー)

ただ、トイレ・シャワールームの壁の中へ入ってしまっているようなホースはさすがに無理で、見える範囲のホースを切って撤去するだけというやや中途半端な感じになりました。

本格的に全て撤去するには、家具をバラし、水タンクも一度取り外す必要があり、さすがにそこまでは出来ません。今後の課題として残しておくことにしましょう。

カムロード エアコン(クーラー)

ごちゃごちゃしていたホース類を撤去し、ややスッキリした感じになりました。この部分に新たなパーツを組み足し、また少しごちゃつくのですが、必要なパーツなので仕方ありません。

カムロード エアコン(クーラー)

水中ポンプもシングル化し、着々と準備は進んでいきます。ただ、仕事後に1~2時間作業するだけのため、1日では完了しないところがもどかしいところ。それでも実物大のプラモデルをいじり倒すのは楽しく、仕事で疲れていても何故か体は動きます。

カムロード エアコン(クーラー)

ホームセンターでいくつか資材を購入してきました。コチラはスパイラルチューブ。切り売りで1m当たり118円と安く、それを3m購入。

カムロード エアコン(クーラー)

続いてコチラはメインの給水用ホース。コチラも切り売りで1m当たり300円で、5m分購入。アマゾンやモノタロウでも販売していましたが、送料が掛かるため、ホームセンターで購入した方がお得。

カムロード エアコン(クーラー)

さらに1.25mmの楕円形コードの10m巻きを購入。確か650円程だったと思います。コチラはエアコン用ブースターのスイッチに接続し、ON/OFFできるようにするために必要。

カムロード エアコン(クーラー)

さらに屋外散水用ニップルの確か8mを2個購入。大したことのないパーツですが、1個200円とそれなりのお値段。自作できるはずもないため、多少高いと思いつつも、購入するしかありません。

この他にもまだ必要なパーツはありますが、順番に揃えていきます。

カムロード エアコン(クーラー)

話はキャンピングカーの作業場に戻ります。いろいろと工具を出して作業をしていると、あっという間にこんな感じで作業場所が散らかります。

別にわざと散らかった風を装っている訳ではなく、本当に気が付くとこんな感じに散らかっているというのが事実。片付けながら作業すればもっと効率よく安全に作業できると思うのですが、作業に夢中になっているといつもこんな感じ。

カムロード エアコン(クーラー)

ということで、一旦キレイに片付けてみました。水タンクからのホースは全て撤去され、新しいパーツを取り付ける準備が整いました。

今日はこれ位にし、また明日の夜に作業をするとしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る