神奈川キャンピングカーフェアを見に川崎競馬場へ【その08】コイズミ かるキャン デッキクルーザー を検証

今回は、2015年9月26(土曜日)に神奈川県川崎市で開催された、神奈川キャンピングカーフェアを見に行った様子をご紹介。

神奈川キャンピングカーフェア

何やらカラフルな感じの軽キャンピングカーに、ルーフテントを載せた車両が展示してありました。アウトドア風の格好をしたふくよかなおじさんが展示車両の説明をしています。

神奈川キャンピングカーフェア

近付いて見てみると、軽ワゴン車の後部がオープンデッキになっているベース車両を使い、側面には木製の板を入れてありました。

神奈川キャンピングカーフェア

後方の窓部分にはセパレート式のウインドクーラーを装備し、本格的な夏でも軽キャンピングカー内で快適に過ごせるようにしています。ライトキャブコンでも後部居室部分にクーラーの無い車両があることを考えれば、本気で使えるキャンピングカーを目指していることが伺える装備内容。

見た目はポップで遊び心満載のようですが、押さえる所はきちんと押さえている『玄人好み』の軽キャンピングカーのようです。

神奈川キャンピングカーフェア

そう、まさにこんな感じのおじさんがこの軽キャンピングカーを説明してくれます。

神奈川キャンピングカーフェア

内装のシートカバーも外観同様にポップな感じで、ちょっとごちゃごちゃしているようにも感じますが、外遊び用のレジャービークルはこれ位の派手さがあってもいいもの。

神奈川キャンピングカーフェア

この軽キャンピングカーの後部には、さらに可愛らしい軽カーゴトレーラーが牽引されていました。何だか20年程前に私が初めて購入したジェットスキー用の軽トレーラーに似ています。『かるるん』という名前のよう。

ハブベアリングやテールランプは当時の物より進化しているような感じですが、フレームの色や造りがどことなく似ていて、何だか違う意味で懐かしさを感じるカーゴトレーラー。

神奈川キャンピングカーフェア

『普通免許で運転可能なカーゴトレーラーです。』ということで、ヒッチカプラーの取り付け位置がちょっとアレですが、ドローバーに挿す形だと取り付け位置が下がり過ぎてしまうためか・・・。

そうであれば、車両側のヒッチボールマウントの高さを上げてやればいいだけの話なので、なぜこの位置に無理矢理ヒッチカプラーを取り付けたのかは謎。

ただ、写真のように牽引状態を見れば、『カワイイ』の一言。最大積載量は350kgと実用的で、上面を幌でスッポリ覆うことも取り外すこともできるよう。私なら何を積もうかと考えてみると、真冬のキャンプに使う大きな薪ストーブや燃料の薪、大型のクーラーボックスや発電機等、軽キャンピングカー内に積む事ができないアウトドアグッズを積載していくかな・・・。

これだけ小さければ取り回しも楽々。一瞬私のカムロードキャブコンのジルにも取り付け出来そうだと思ったのですが、逆にカーゴトレーラーが小さ過ぎてアンバランスかも・・・。やはり軽キャンピングカーで牽引するのがバランス的にも良さそう。

神奈川キャンピングカーフェア

展示車両はヒッチに延長トングを取り付け、ボールマウントを逆さに取り付けていました。その延長トングには穴が空いていて、木の棒が差し込まれています。

神奈川キャンピングカーフェア

「何、コレ?」と思ったのですが、よくよく見てみると軽キャンピングカー後部に展開している大きめの傘(日除け)の支柱のよう。サイドオーニングを取り付ける代わりに後部に日陰を作る装備品としている様子。

「う~ん、なかなか考えたなぁ~、何だかふざけているように見えてなかなか使える軽キャンピングカーだよなぁ~」と、うなってしまいました。

神奈川キャンピングカーフェア

コレはカーゴトレーラー、かるるんの荷台部分。それ程大きなスペースではないですが、遊び心があっていいですね。

神奈川キャンピングカーフェア

軽牽引車両なので、ナンバープレートも当然のように取得。練馬ナンバーが付いていました。木を使った外観もかわいらしく、見ている女性から「何コレ、かわいい~」といった声がアチコチから聞こえてきます。

神奈川キャンピングカーフェア

人目を引く展示車両のため、多くの人が展示車両を取り囲んでいます。ルーフテントの天井パネル部分にはソーラーパネルも装備されているようで、どこまでも本気で考え抜かれた軽キャンピングカーのようです。

神奈川キャンピングカーフェア

ありそうで無かった!ウッドデッキ付キャンパー、その名も『かるキャン デッキクルーザー』という車名のよう。「そうか、あの後部の木板はウッドデッキをイメージしてたのね」と、いうことが分かりました。

なんでも、2015年9月28日発売の週間プレイボーイにこの『かるキャン デッキクルーザー』が掲載されるようで、そんなことも車両に掲示してありました。

神奈川キャンピングカーフェア

2月に幕張メッセで開催されたキャンピングカーショーでは、ホンダが軽キャンピングカーに小さなトラベルトレーラーを牽引しているタイプを参考出品していましたが、それに継ぐインパクトがある軽キャンピングカー+牽引車両となっています。

これからまたアチコチのキャンピングカーショーで見ることになるのでしょうけど、また人気を博すのでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る