ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセ【ホンダのトレーラーN-TRUCK&N-CAMP(参考出品車)を詳しく検証】

ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセの会場に来ています。ホンダのブースに何やら人だかりができています。私も何かと思い見に行ってみると・・・。

ジャパンキャンピングカーショー2015

こんな感じの物体が置いてあります。前から見ただけでは何なのか分かりません。とりあえず正面にドローバーのようなものが折り畳まれて取り付けてあるのが分かります。

ジャパンキャンピングカーショー2015

それを横から見ると中に椅子やテーブルが装備されているのが分かります。

ジャパンキャンピングカーショー2015

エントランス部分から中を覗き込んでみました。どうやら小型のトレーラーのようです。「ホンダがトレーラー?」と少し疑問に思います。

ジャパンキャンピングカーショー2015

フロアはカーペットが敷かれ、テーブルは固定されているようですが、椅子は固定されている様子はなく、ただ単に床面のカーペット上に置かれているだけのようです。

この写真だけを見ていると、どこかの家具屋さんの展示スペースの一角と錯覚してしまいそうな感じです。

ジャパンキャンピングカーショー2015

で、このトレーラーを牽引する車両がどうやらこのN-BOXということらしく、トレーラーと同色のボディーカラーとなっています。

ジャパンキャンピングカーショー2015

そのN-BOXを後方から見たところがコレで、後部がトランクのようになっているようで、両サイドにはカップホルダーも配され、コーヒーを入れたカップのようなものが入れてあります。

ジャパンキャンピングカーショー2015

近くで見るとこんな感じになっていて、この中が巨大なトランクルームとなっている様子がよく分かります。

ジャパンキャンピングカーショー2015

トレーラーの内部を後方から見たところがコレで、二人で使うにはちょうど良い空間となっています。このトレーラーを牽引して景色の良い場所に行き、外の風景を眺めながら二人で寛ぐ、という使い方を想定しているのでしょうか。

現実問題としては夏の暑さや冬の寒さ対策をしなければなりませんが、コンセプトとしてはなかなか面白いと思います。

ジャパンキャンピングカーショー2015

さらにポップアップルーフも装備しているようで、屋根を上げておけば車内で立つこともできるため、居住性が一気に高まります。

ジャパンキャンピングカーショー2015

先ほどの牽引車両であるN-BOXですが、名称はN-TRUCKというらしく、ヒッチメンバーもきちんと装備されています。

ジャパンキャンピングカーショー2015

「このヒッチメンバーはホンダのオリジナルですか?」と、係りのお兄さんに聞いたところ「いえ、市販の汎用品をそのまま取り付けています」とのこと。おそらくどこかのトレーラーメーカーの汎用ヒッチだと思います。

ジャパンキャンピングカーショー2015

これはトレーラーの車体下部の写真で、かなりフラットな感じになっていて、試作品ではありますがそれなりに造り込んできているようです。

興味のある人も多く、いろいろな質問が係りのお兄さんにされていました。

Q1.いつから販売するの?
A1.まだ販売時期は未定です。実際に販売するかも決まっていません。

Q2.でもこれだけ造り込んでいるのだからやっぱり販売するんでしょ。
A2.い、いやまだ決まっていません。これから決める予定となっています。

Q3.価格はいくらくらいになるのですか?
A3.まだ未定となっています。

Q4.でももうどこかのラインで製造してるんじゃないの?
A4.あ、いや、まだ製造してません。

Q5.で、いつから販売するの?
A5.だ・か・ら~・・・

というような感じでかなり食い付いている人もいて、係りのお兄さんもタジタジ。

ジャパンキャンピングカーショー2015

これは人が少なくなってきた頃に撮影したもので、こうして見るとよく分かりますね。

ジャパンキャンピングカーショー2015

ジャパンキャンピングカーショー2015

また過去にはアクティーでも同じようなコンセプト車を造っていたようですが、こちらは販売されずにお蔵入りになった模様。

ジャパンキャンピングカーショー2015

実際に連結するとこんな感じみたいです。

ホンダからのインフォメーションも出ていました。

『「N-TRUCK」は、軽乗用車「N-BOX」をベースに全長を50cmカットした軽ピックアップトラック。あえてスペースを短くすることで得られる、新しい価値を提案するという。

また、「N-TRUCK」用のキャンピングトレーラー「N-CAMP」では、大人2人が過ごせるサイズの収納ロフトベッドを装備。インテリアは自由なアレンジを可能にした作りになっている。 』

後ろのトレーラーはN-CAMPと言うらしく、ロフトベッドにアレンジ自由な内装と、「ゆ、夢があるなぁ~」と思ってしまいます。

いずれにしてもなかなか面白い発想とデザイン性で、キャンピングカーショー会場の中でも一際注目を浴びる存在だったことには違いありません。

実際に販売され、牽引して走行している姿を見たいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る