ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセ【ロータスRV販売 カラオケ仕様の参考出品車を検証】

ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセの会場に来ています。ロータスRVセールスのコーナーにやってきました。キャンピングカービルダーとしては老舗に入る会社で、キャンピングカー以外の特装車なども広く手掛けているビルダー。

ジャパンキャンピングカーショー2015

看板の掲げてあるゲートの下にはお馴染みの『マンボウ』シリーズが展示されていますが、その奥の方に何やら見慣れないキャブコンが展示されていたので、そちらを先に見ていくことにします。

ジャパンキャンピングカーショー2015

ジャパンキャンピングカーショー2015の会場内ではあまり見掛けることのない『三菱キャンター』をベース車両にしたキャブコンが展示されていました。バンクベッドを持たない形状のため、エントランスドアを見なければ普通の箱トラックのような姿。

ジャパンキャンピングカーショー2015

エントランス部分には『参考出品車 あなたの「夢」をお聞かせください。』というようなことが書いてあり、「参考出品車かぁ~、それにしてもエントランス階段の部分から何やらゴツイ感じだな・・・」と思わせるたたずまい。

階段部分には鉄板が貼ってあり、階段の『フチ』の部分にはアルミのプレートのようなものが張り巡らしてあり、なかなかハードな感じを受けます。

ジャパンキャンピングカーショー2015

エントランス脇に貼ってあるプライスカードを見ると、価格は『1,500万円』という驚きのお値段。車両名は『キャンターエコハイブリッド KARAOKE仕様』となっていて「ん?カラオケ仕様って何?」と思ってしまう私。

「キャンピングカーの中でカラオケができるということなのかな?」とも思います。今ではすっかり日本を代表する娯楽のひとつとなった『カラオケ』ですが、キャンピングカーでカラオケ仕様というものを私は初めて見るような気がします。

今まであるようでなかった『キャンピングカー+カラオケ』という車。景色の良い場所にカラオケ仕様のキャンピングカーを駐車して気持ちよく歌うのでしょうか?静かなキャンプ場では迷惑そのものでしょうけど、誰もいない場所であれば、どこでもカラオケが楽しめるのはカラオケ好きな人にとっては魅力的かもしれません。

参考出品車ということで、あまり積極的に内覧をさせてもらうような雰囲気ではなかったため、エントランス付近から内部を見た様子をお伝えすることになります。

ジャパンキャンピングカーショー2015

エントランスを入った正面にはフリールームがあり、ロータスRV販売が取り扱っている『ラップポン』という水を使わないトイレを装備している様子。

このラップポンというトイレ、水を使わないトイレということでキャンピングカー雑誌のパーツ販売ページなどで紹介されていますが、「価格が高いトイレだなぁ~」という印象しか持っていませんでしたが、少し調べてみた特徴は次の通り。

ラップポン キャンピングカー

ラップポンとは、自動ラップ機構を搭載したポータブルトイレのことです。排泄物を毎回自動でラップすることができ、用途に応じて種類が異なりそれぞれの機能を果たします。

自動でラップするトイレだから水は使いません!

日本セイフティーが独自に開発した自動ラップ機構は熱圧着によって排泄物を1回ごとに完全密封します。毎回、個包装にして切り離すので、清潔でお手入れも簡単です。

特殊フィルムで臭いも漏らしません!

特殊な防臭フィルムは臭いを外に漏らしません。またポリエチレン素材のため焼却後も有害なガスは発生しません。ラップされた袋は紙オムツと同様の処理が可能です。

※自治体の判断によって処理方法が異なる場合もございますので、各自治体の指導に従い処理してください。

ということで、実際に導入している自治体や企業も多数あるようで、「キャ、キャンピングカー専用のトイレじゃなかったのね」というのが正直な感想で、ここまで様々な自治体や企業が採用しているトイレだとは全然知りませんでした。

確かに災害時などで問題になるのがトイレの問題。どんな時でもトイレだけは我慢できません。キャンピングカーに備え付けてあるカセットトイレやポータブルトイレも有効ですが、やはり『水』を使うという点と、やはり処理をする際に同じく『水』を流さなければならないという点がネックに。

そんな『水』の問題を解決してくれるのが『ラップポン』というトイレになるようです。トイレとしてはそれなりの価格ですが、排泄物の処理のことを考えればなかなかの優れものだと今回初めて認識した次第。

ホームページはコチラで、興味のある方はご覧になって下さい。

ポータブルトイレなら自動ラップ式のラップポン

さて、『キャンターエコハイブリッド KARAOKE仕様』に話を戻します。何やら運転席・助手席の頭上空間前のパネルに『矢沢永吉』の横断幕が掲げてあり、カラオケ仕様のキャンピングカーだということをさりげなく主張。

ジャパンキャンピングカーショー2015

後部はサロン形式になっていて、最後部の壁面上部にはもはや国産大型キャブコンでは定番の装備品となった家庭用エアコンも姿も。天井に張られているシルバーの装飾品や間接照明がカラオケBOXのような雰囲気を醸し出しています。

ジャパンキャンピングカーショー2015

参考出品車らしく真ん中に置かれたテーブルは固定されてなく、ただ置いてあるだけとなります。木目と表面の輝きが美しい家具を採用し、かなり『渋い』感じの内装に仕上がっています。

ジャパンキャンピングカーショー2015

エントランス脇にはサブバッテリーのメーターと、べバストFFヒーターのコントローラーがあり、その先がカラオケルームの入り口となっています。

ジャパンキャンピングカーショー2015

エントランスの脇には40Lの冷蔵庫もあり、この位置であればキャンピングカーの外でバーベキューなどをしていても手軽に飲み物や食材などを取り出せるため、使い勝手の良い配置。

ジャパンキャンピングカーショー2015

ただ、エントランスドアはアメリカ製のペラペラドアで、ここは参考出品車なので仕方のないところではありますが、1,500万円もするキャンピングカーなのですから、重厚感のあるユーロドアにここは是非変更してもらいたいもの。

ジャパンキャンピングカーショー2015

ベース車両がキャンターエコハイブリッドということで、少し調べてみました。

ハイブリッドシステムはパラレル式ディーゼルハイブリッドシステムという機構を採用し、変速機は6速DUONIC、超薄型ハイブリッドモーターをDUONICに内蔵、世界初の「ハイブリッド用モーター内蔵デュアルクラッチ式トランスミッション」を搭載。

リチウムイオン電池もエネルギー効率の高い、高性能のラミネートタイプのリチウムイオン電池を新たに採用するなどし、実際の燃費は軽油1L当たり12~13kmということ。

「やっぱりハイブリッド車だと燃費も10km/Lを超えるのね・・・」ということでちょっと羨ましい限り。私の所有しているバンテック社のジルは、ディーゼルエンジン(ノンターボ)の3,000ccで91馬力というエンジンスペックで軽油1リッターあたり6~7kmといったところ。

これが運転手の機嫌の良い時や高速道路中心の走りであれば、8kmにギリギリ届くかどうかといったところ。ただ、ジェットスキーを載せたトレーラーなどを牽引していればもう少し燃費が落ちます。

ですからこのクラスの車両で10km/Lを超える燃費というのはかなり凄いことで、カムロードもエコハイブリッド化されればリッター当たり15kmは走るのではないかと密かに期待をしているのですが・・・。

ジャパンキャンピングカーショー2015

運転席・助手席部分を正面から見てみましたが、なかなかゴージャスな感じで、座席のシートが全て統一されている辺りがなかなかいい感じですね。

ジャパンキャンピングカーショー2015

2トン車のフロントマスクも迫力があっていいと思います。これで車両サイズは全長5,990mm×全幅2,130mm×全高3,300mmとそれ程大きくはなく、この位の大きさが取り回しもしやすくて日本の道路事情に合っているサイズだとも思います。

参考出品車なので今後も仕様を変更してキャンピングカーショーなどで見掛けることもあるかもしれません。今度はどんな『特別仕様車』を出してくるのか、ロータスRV販売のブースに来るのが楽しみです。

関連記事

ページ上部へ戻る