ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセ【日産ピーズクラフト『クラフトキャンパー グレイシャー』の細部の仕上げを検証】

ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセの会場に来ています。

ジャパンキャンピングカーショー2015

やってきたのは日産ピーズクラフトのコーナーで、日産系のキャンピングカービルダーのため、もちろんベース車両は日産車。間違ってもトヨタや三菱のベース車両はありません。

ジャパンキャンピングカーショー2015

今回検証するのは、『クラフトキャンパー グレイシャー』という車両で、200系ハイエースにはないパートタイム4WDを搭載したNV350というベース車両。車両サイズは、全長5,080mm×全幅1,695mm×全高1,695mmと、ハイエースの標準ナローボディーと同等のサイズ。

ジャパンキャンピングカーショー2015

運転席周りの雰囲気はやはりハイエースより10年後に発売された車両だけに洗練された感じがして、現代の車という感じですね。

ジャパンキャンピングカーショー2015

サイドのスライドドアを開けた正面にセカンドシート、後方に二の字型のシートを備えた、バンコンではよくあるレイアウト。

ジャパンキャンピングカーショー2015

最後部にはギャレーが配されており、簡単な調理などはここで行える様子。ただ、この日産キャラバンNV350やハイエースクラスのギャレーは中途半端な大きさで、本格的に調理をするには物足りない大きさ。

ジャパンキャンピングカーショー2015

かと言って大きなギャレーを装備すれば室内が狭くなるため、一概にギャレーが大きければいいというものでもありません。この『クラフトキャンパー グレイシャー』のギャレーも、シンクを使うというよりは、収納庫兼物置というような考え方でもいいかもしれません。

ジャパンキャンピングカーショー2015

給・排水タンクはお約束の20リッター(13リッターでした)のポリタンクを採用し、これはどのキャンピングカービルダーのバンコンでも変わりのないところ。

しかし満タンになった排水タンクを抱えて処理するのは大変だとは思うのですが、実際に使用されている方はいかがなのでしょうか。私であれば荷物を運ぶ際に使う車輪の付いたカートなどを使って水場まで行き、排水することになると思います。

ジャパンキャンピングカーショー2015

突き板仕上げの家具ですが、細かいところにまだまだ仕上げの雑さがあるのは否めません。バンコンビルダーの老舗である、トイファクトリーやビークルのバンコンではこのようなことは決してありません。

ジャパンキャンピングカーショー2015

ただ、それ以外の場所では床はキレイに張ってあるようですし、家具に取り付けられたヒンジなどもキレイに取り付けてあるだけに、もったいないような気もします。

ディーラー系のキャンピングカービルダーのため、ベース車両や架装部分の保証をきちんと受けることができるという点では有利かもしれません。

ジャパンキャンピングカーショー2015

『クラフトキャンパー グレイシャー』の標準装備品は次の通り。

●エアコン(シングル)
●給水タンク13L(20Lではありませんでした)
●排水タンク13L(同上)
●リアクーラー
●リアヒーター
●調理器具(カセットコンロ)
●カーテン(遮光)
●テーブル(脱着式)
●断熱処理(天井&側面)
●サブバッテリー(105Ah)
●外部電源

となっています。

乗車定員は9名、就寝定員は3名となっていますが、快適なのはセカンドシートまでと考えれば、実用的な乗車定員は5名、就寝定員は2名と考えればいいでしょう。

ジャパンキャンピングカーショー2015

2,500ccのディーゼルターボエンジン(129馬力)のパートタイム4WDのスペックで478万円(税抜)という価格は、「まぁ、こんなものかな」という感じ。

特別高くもなく、安くもないといった価格で、非常に無難な価格設定のバンコン。

ジャパンキャンピングカーショー2015の会場内でも一番多くの展示車両があるバンコンというジャンルのキャンピングカーだけに、「なかなか個性を出すのは難しいのかな」と思わせる一台でした。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る