ジャパンキャンピングカーショー2015『タコスの新型キャブコン「VERY」を詳しく検証してみました』

ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセの会場に2015年2月15日(日曜日)『2日目』来ています。

キャンピングカーショー

何やら結構カッコイイ200系ハイエースベースのボディーカットキャブコンが展示されています。バンクベッドを持たないロープロファイルのため、頭が重たい印象もなく、スッキリとしたイメージ。

キャンピングカーショー

この200系ハイエースベースのキャブコンは、タコスの『VERY』という2015年の新型モデルのようです。

キャンピングカーショー

※ベース車ハイエースのボディーをほとんどカットせず、外装のFRPシェルをかぶせています。二重構造ボディー(安全性の向上+断熱性の向上+室内空間の拡張)

※バンコンには出来なかった装備品の確保が可能に(ルームエアコンの搭載スペース+発電機の搭載スペース+3面アクリルウインドウによる快適な外気の導入+就寝定員の増加)

※ハイエースベースの機動性(2000ガソリン+3000ターボディーゼルエンジンの選択可能)
足回りの良さ+豊富なアフターパーツ

※車両寸法をあまり大きく設定しませんでした。
L4,990×W1,890×H2,500(走行安定性の確保)

というような感じで、バンコン以上、大型キャブコン未満といった感じで、コンパクトな車体にバンコンでは装備できなかった装備品を採用した、スキマ的なキャンピングカーになっています。

キャンピングカーショー

エントランス部分は一段下がっていて、乗り降りしやすい造りになっています。エントランスドアはアメリカ製の薄いタイプですが、この部分はユーロタイプのドアに変更して欲しいもの。

キャンピングカーショー

セカンドシートは2人掛けで、エントランスドアの脇に横座りになりますが、1名用のシートスペースもあります。

キャンピングカーショー

最後部にはギャレーと収納があり、ギャレー部分の上にベッドマットを敷いて就寝するようになるようです。

フロアベッド+ギャレー(シンク)上のベッド+その上にベッドの設置が可能で、全てのベッドを展開すれば就寝定員は6名ということなのでしょうか。

キャンピングカーショー

室内にやたらベッド用のマットがある印象を受けたのですが、それがこの就寝定員の確保という形につながっているようです。全てのベッドを展開してしまうと車内で身動き出来ないような気もするのですが、寝ることに特化したのであれば、これはこれで使えるかもしれません。

キャンピングカーショー

乗車定員はおそらく5名なので、就寝定員としては4名がちょうどいいと思います。

キャンピングカーショー

バンクベッドを持たないキャブコンですが、天井とのわずかな隙間を生かし、家庭用のエアコンを上手にビルトインしています。この位置であれば車内をまんべんなく冷やしたり暖めたりできる好位置だと思います。

エアコン近くの天井にはスカイライトルーフも取り付けられていて、このスカイライトルーフのおかげで車内が非常に明るい印象。真夏などは暑くなりそうですが、採光という意味では他のキャンピングカーにも欲しい装備品。

キャンピングカーショー

家具の造りも悪くはありません。

キャンピングカーショー

この車両サイズ全長4,990mm×全幅1,890mm×全高2,500mmにこれだけの装備品と就寝設備を盛り込むのは大変だったと思いますが、うまくまとめられている印象。

キャンピングカーショー

エアコンの室外機は運転席側の車体中央近くに設置。家庭用エアコンは確かに高性能で便利な装備品ではありますが、結構な重量物である室外機を必ず搭載しなければならないところがデメリット。

昔に比べればサイズも重量も小さくなっているようですが、まだまだキャンピングカー内に設置するには大き過ぎる装備品ということには変わりありません。クーラー専用の窓掛けタイプのような大きさで現在のエアコンのような高性能機種が出れば爆発的に普及すると思うのですが、いかがでしょうか。

キャンピングカーショー

それにしても新しいキャンピングカーはどこもかしこもピカピカで羨ましい限り。私のキャンピングカージルも購入当時はこのような輝きを放ち、もちろんアクリルウインドも今のように曇っていなく、外もキレイに見えていたのですが・・・。

キャンピングカーショー

最後部にはバゲッジドアが二つあり、左側のスペースには発電機の姿も見えます。

キャンピングカーショー

発電機は定番でもある、ホンダのEu16iがオプション品として推奨されている模様。

キャンピングカーショー

その発電機を入れている扉の給・排気用ルーバー周りの処理はイマイチのようで、この辺りは量産車になった時は丁寧に処理をして欲しいものです。

キャンピングカーショー

とりあえずのカタログによれば、600~700万円もするキャンピングカーのようですから、このような感じの雑な処理はいただけません。

キャンピングカーショー

全体的な造りとコンセプトは良いと思うだけに、このような細部の処理も手抜きなく行えば、かなり良いキャンピングカーだと思いました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る