ジャパンキャンピングカーショー2015『トヨタのノアボクシー用のフロント回転シートのシート用金具が気になる私』

ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセの会場に2015年2月15日(日曜日)『2日目』来ています。

キャンピングカーショー

こちらは、ホワイトハウスのコーナーで、ホンダのN-BOX+Camper Neoという、N-BOXにポップアップルーフを装備した軽キャンピングカーを展示中。

ポップアップルーフ付きとポップアップルーフ無しとの価格差は約24万円で、24万円程の価格差であればポップアップルーフ付きを選びたいもの。

200系ハイエースのポップアップルーフだと100万円近い費用が掛かるのに対し、やはり軽自動車のポップアップルーフはリーズナブルだと感じます。

キャンピングカーショー

ポップアップルーフ付きを選択するメリットとしては、就寝定員が2名から4名に増えることも大きいですが、中古キャンピングカーとして手放す際にも、高く買い取ってもらえるというメリットも見逃せません。

そのポップアップルーフ付きの中でも、通常バージョンとホットパッケージバージョンがあり、通常バージョンはサブバッテリーの設定が無く、ルーフテント内の照明用電源はメインバッテリーから取るようになっており、長時間使用すればエンジンを掛けるための電力が不足する恐れがあります。

通常バージョンとホットパッケージの価格差は45万円程と決して小さくはありませんが、サブバッテリーシステムやFFヒーター、走行充電システム、プライバシーカーテンなどが付くことを考えれば、決して高いものではありません。

後は好みの問題となりますが、私であればGグレードの4WDのホットパッケージバージョンを選択し、冬でも快適に車中泊できる仕様のキャンピングカーとして活用したいところ。

キャンピングカーショー

ホワイトハウスのコーナーで気になったのが、トヨタのノアボクシー用のフロント回転シートのシート用金具。

キャンピングカーショー

このようなプレートが純正シートの下に組み込まれていて、フロントシートを回転させることが出来るようです。

キャンピングカーショー

こんな感じで回転していきます。

CIMG8219

回転したシートを後ろ向きになった時に固定しているのはこのピンで、ピンの頭の上に見える『への字』の金具に穴が開いていて、そこにピンの頭がカチッと入り固定される仕組み。

キャンピングカーショー

ピンと『への字』の金具の位置関係はこんな感じで、シンプルですがよく考えられています。

キャンピングカーショー

これが『への字』金具にピンの頭が入ったところで、この状態でシートが固定されるようです。構造としてはとてもシンプルで明快。これくらいシンプルな構造であれば故障の心配も少なく、メンテナンスも楽だと思います。

どうしても車内空間が限られるバンコンなどでは、室内空間を最大限使おうと思えばこのようなフロントシートの回転機構は非常に有効。

フロントシートを回転させることができれば、セカンドシートを使って対面ダイネットを組むことができ、セカンドシート以降をベッドスペースにしたりギャレースペースなどに活用可能。

そんな室内空間の狭さがネックになるバンコンの悩みをある程度は解決してくれそうなフロント回転シート用金具、ヨーロッパ製んのキャンピングカーには多く取り入れられているため、国産キャンピングカーにも積極的に取り入れていって欲しいものです。

キャンピングカーショー

ジャパンキャンピングカーショー2015の日曜日の会場ということもあってか、非常に大勢の人で賑わっています。人ごみをかき分けて歩くという表現がピッタリな感じの混み具合です。

関連記事

ページ上部へ戻る