ジャパンキャンピングカーショー2015『ALFLEX(アルフレックス)のラグジュアリーバンコンを検証』

ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセの会場に2015年2月15日(日曜日)『2日目』来ています。

キャンピングカーショー

ALFLEX(アルフレックス)というキャンピングカービルダーのコーナーを見て行きます。

キャンピングカーショー

ハイエースの車内をキャンピングカー仕様に改造した、いわゆるバンコンと呼ばれるジャンルの車両を製造・販売している会社。

キャンピングカーショー

ただ、キャンピングカー仕様ということにはなっているのですが、どことなく高級感のあるデザインと質感で、キャンピングカー+ラグジュアリーカーのようなところを目指しているような感じがします。

床材や室内家具の色や質感も非常に落ち着いたトーンのものを採用し、他のキャンピングカービルダーのバンコンとは雰囲気が違います。

キャンピングカーショー

シート表皮の色や質感、床に敷かれているカーペットなどを見ても、ラグジュアリー感のある室内空間になっています。音響関連にもこだわりがあるようで、車内にはいい感じのサウンドが鳴り響いていました。

キャンピングカーショー

どちらかと言えば、キャンプ場などで泥まみれになって使うようなキャンピングカーではなく、出掛けた先で車中泊をする必要に迫られた時、高速道路のサービスエリアや道の駅などで寝泊りするのに使うといった車両かもしれません。

キャンピングカーショー

実際に車内を熱心に見ているのは若い人の姿が目立ち、やはり若者受けする外観と内装だというのは納得するところ。

キャンピングカーショー

細部まで手抜きすることなくキッチリと造り込んでいるようで、やはりキャンピングカーというよりは、ラグジュアリーなバンといった感じ。

キャンピングカーショー

価格も標準仕様で420万円と、ハイエースベースのバンコンとしては普通の価格で、それ程高額という訳でもありません。

キャンピングカーショー

こちらのタイプは内装色に渋いレッドを採用し、この室内トーンも他のバンコンビルダーとは一線を画すもの。

キャンピングカーショー

やはりバンコンのベース車両はハイエースが圧倒的な人気のようで、新型の日産NV350ベースのバンコンはキャンピングカーショー会場の中でも少数派。

キャンピングカーショー

普段は若いカップルで使い、時には友達を乗せて出掛ける、という使い方が似合うバンコンだと思います。

キャンピングカーショー

近くのコーナーには、東北キャンピングカーショーの開催を告知するポスターが掲示してあり、『くるま旅 車中泊大会』ということで、東北キャンピングカーショー2015の会場に、『RVパーク・夢メッセ』が一泊限定でオープンとあります。

キャンピングカーショー

さらにこちらは、大阪キャンピングカーショーの開催を告知するポスターで、春が近づいてくると日本全国で大小のキャンピングカーショーが開催され、本格的なキャンピングカーシーズンを迎えます。

キャンピングカービルダーさんや、キャンピングカー販売店さんは全国で開催されるキャンピングカーショーに車両を持ち込んで展示、接客をしなければならないため、仕事とは言え大変なシーズンだと思います。

自社のキャンピングカーを使って移動をするキャンピングカービルダーもあり、以前他のキャンピングカーショーに行った時に聞いた話では・・・、

「関東から九州の展示会場に移動する時、会社の先輩はハイエースのバンコンなんですけど、自分は軽キャンピングカーなんですぅ~」ということを聞いたことがあり、やはりキャンピングカー業界でも新人はそれなりの処遇なんだと思ったもの。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る