ジャパンキャンピングカーショー2015『オートワン 給電くんポップアップルーフ を検証』

ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセの会場に2015年2月15日(日曜日)『2日目』来ています。

キャンピングカーショー

こちらは現在中高年の男性に絶大な人気を誇る軽キャンピングカーのコーナー。奥さんや子供が一緒に出掛けてくれなくなったお父さんの動く隠れ家として近年注目が集まっています。

キャンピングカーショー

やはりベース車両が軽自動車だけに、その価格の安さが魅力・・・、と言いたいところですが、それなりに装備品が付いていれば、300万円程のお値段になる軽キャンピングカーもあり、『手軽に』という訳にはいかない車両もあります。

キャンピングカーショー

ただ、この写真の『オートワン 給電くんポップアップルーフ』は、車両の屋根の上にポップアップルーフという、もうひとつの部屋が装備されているため、その分価格が上乗せされています。

ポップアップルーフを展開すれば車内の高さが拡大するため、大人でも軽キャンピングカーの中で立つことができます。お父さんが趣味で一人で使うには十分過ぎる空間で、ポップアップルーフ無しの軽キャンピングカーであれば、200万円を切るタイプも沢山あります。

キャンピングカーショー

車内のキャビネット類も本格的で、これだけ細かい収納スペースがあれば、車内に小物が散乱してしまうようなことも無さそうです。

キャンピングカーショー

・電子レンジも使える
・ご飯も20分で炊ける
・震災でも使える
・自動車税¥4,000

ということで、自動車税が4,000円というのは非常に魅力的。今私が所有しているキャンピングカーの10分の1という税額は、羨ましい限り。毎年「自動車税って高いよなぁ~」と思いながら支払っている私にとっては、4,000円というのは夢のよう。

キャンピングカーショー

就寝スペースはこのような感じで、左側の椅子になっている部分も椅子を倒して就寝スペースにすることができるため、一人で使うには十分過ぎる程のスペースがあり、奥様と二人で出掛ける時でも、寝るだけであれば十分かと。

キャンピングカーショー

ベース車両も4WDターボを選択すれば多少の悪路でも走行可能で、渓流釣りや海辺での車中泊などの場合でも不安なくフィールドに入って行けそうです。

キャンピングカーショー

電子レンジとか炊飯器は個人的には必要性を感じないため、ある程度の収納と、カセットコンロ、広めの就寝スペースがあれば私の場合は十分だと思います。

いずれにせよ男の秘密基地のような雰囲気が非常に魅力的で、子供の頃に遊んだ秘密基地の大人版のような感じがして、子供の頃を思い出しながら遊べる実物大のオモチャのようなところが中高年にウケているのかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る