ジャパンキャンピングカーショー2015『トイファクトリーの二段ベッド仕様バンコンに想うところ』

ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセの会場に2015年2月15日(日曜日)『2日目』来ています。

キャンピングカーショー

バンテックの新型ジル5の人気は凄まじいものがあり、かなりの人が行列を作って車内を見せてもらう順番待ちをしていました。私も昨日見せてもらいましたが、正直「う~ん」というところも多いキャンピングカーで、何より旧モデルより120万円も価格が上がっている点が気になります。

そこまでの金額を出すのであれば、マイクロバスベースのバスコンも十分に視野に入ってくるため、考えてしまうところです。

キャンピングカーショー

ただ、バンテックのキャンピングカーのラインナップはジルだけではなく、他にも良いキャンピングカーがあるため、老舗ということもあってブースには常に沢山の人が見学に訪れているといった感じ。

キャンピングカーショー

バンテックブースの隣にある、トイファクトリーのブースにやってきました。200系ハイエースのバンコンのボディーに多くの入場者が映っていました。

キャンピングカーショー

キャンピングカーの室内で使われているマットが置いてあり、実際に座ったりして質感や座り心地を確認できるようになっていました。

キャンピングカーショー

これはもう見慣れてしまったので何とも思わないのですが、200系ハイエース キャンパー特装車 スーパーハイルーフというベース車両で、サイズは全長5,380mm×全幅1,920mm×全高2,640mmということで、最初見た時はその大きさに驚いたもの。

キャンピングカーショー

そのスーパーハイルーフの恩恵により、室内高が1,850mmもあるため、ハイエースベースのキャンピングカーの中では、唯一屋根を切ってルーフなどを架装しなくても、車内で平均的な日本人であれば立ったまま移動することが可能。

この『立ったまま移動することが可能』というのは車内である程度の時間を過ごすことを想定しているキャンピングカーにとっては非常に重要。というのも、一度体験してみれば分かるのですが、車中泊などをする際に車内で立ち上がれないというのは思った以上にストレスになるもの。

キャンピングカーショー

車内で真っ直ぐに立てないということがストレスになり、バンコンを購入したのだけど手放してしまった、という体験を私自身がしています。実は今のキャブコンに乗る前、100系ハイエースのバンコンを所有していたのですが、車内で中腰のまま移動する生活に嫌気がさし、車内で立って移動できるキャブコンに乗り換えたという経緯があります。

ですから、このキャブコンに匹敵する車内高さと広さは非常に魅力的。

キャンピングカーショー

セカンド・サードシートの後ろにはフリールームがあり、そのフリールームの後ろには二段ベッドがあるという車内レイアウトで、就寝定員は5名となっています。

キャンピングカーショー

フリールームの扉を開けてみました。扉の内側に大きな鏡が取り付けてあり、室内が広く見えるような錯覚を覚えます。

キャンピングカーショー

このような感じでポータブルトイレが置かれていました。

キャンピングカーショー

実際にフタを開け、便器に腰掛けてみましたが、足元にも十分な余裕があり、トイレルームとして使うには全く問題のない大きさです。普段トイレルームとして使わない時は、トイレの上に棚などを自作し、収納スペースとして活用するのもいいかもしれません。

キャンピングカーショー

これは5×2サイズのキャブコンでも同様なのですが、二段ベッドの入り口がこのような感じで狭くなるのは仕方のないところ。フリールームやシンク・冷蔵庫などの装備を詰め込んでしまえば、いかにハイエースのキャンパー特装車と言えども、それなりの集積感は出てしまうもの。

ただ、これ位の囲まれ感が子供には大好評で、展示車両を見ていると、子供は大喜びでこの二段ベッドスペースに潜り込んでいます。そういう意味では、夫婦はダイネットで寛ぎ、子供は秘密基地的な二段ベッドで遊ぶというような使い方ができるため、逆に広くない方がいいのかも知れません。

キャンピングカーショー

二段ベッドの足元はこのようなエクステンションボックスを装備することにより、大人でも十分に就寝できるような長さを確保しています。

キャンピングカーショー

二段ベッドの下部分を車外から見たところ。このような『穴蔵的』な感じが子供心をくすぐるようで、潜り込みたくなる気持ちも分かります。

キャンピングカーショー

トイファクトリーのキャンピングカーは造りが丁寧で、なおかつ堅牢な感じがして非常に好感が持てます。

キャンピングカーショー

ただ、600~750万円という価格をどう見るかにもよりますが、この価格帯であれば、キャブコンはもとより、バスコンも視野に入ってくる価格のため、非常に迷うところです。

キャンピングカーショー

ハイエースの走りの良さや安定感、スタイルが好きというのであれば絶対にこっちですが、走りは多少妥協でき、キャブコンのスタイルも嫌いではないという方にとっては、なかなか悩ましい存在のバンコンだと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る