ジャパンキャンピングカーショー2015『東和モータース販売 WOHN(ヴォーン)DC 新型エアコン装備 を検証』

ジャパンキャンピングカーショー2015 in 幕張メッセの会場に2015年2月15日(日曜日)『2日目』来ています。

東和モータース販売のコーナーに展示されていた、WOHN(ヴォーン)DC 新型エアコン装備タイプ というキャンピングカー。

キャンピングカーショー

外観はこのような感じで、直線と曲線のラインが良い感じで融合し、なかなかカッコイイキャブコンです。

キャンピングカーショー

エントランスドアはユーロタイプを採用し、この部分は合格。やはりこのユーロドアは高級感がある上、扉を閉めた時の締まり具合も良く、600万円以上するキャンピングカーなのだから、これくらいのクオリティーは欲しいところ。

その扉には、新型エアコン装備の内容として、室外機を屋根の上に載せましたとあります。確かに国産エアコンの室外機は大きく、場所を取るため、取り付ける位置に苦労するのは確か。

現在、ほとんどのキャンピングカーが、車体下部側面や下部背面などに室外機を搭載しています。その分、外部収納庫などのスペースが犠牲になるため、使われていない屋根に載せるというのはスペースの有効活用という点ではいいかもしれません。

ただ、ある程度の重量物を屋根に載せることになるため、頭が重くなり、走行安定性に影響が出るのではないかと思います。足回りの強化など、走行安定性を確保するための改良がベース車両であるカムロードに必要になるかもしれません。

キャンピングカーショー

エントランスを入ったすぐ脇には各種スイッチと電子レンジの姿が。この電子レンジの搭載も賛否両論あるようですが、サブバッテリーの管理さえしっかりできれば、便利な装備品だと思います。

キャンピングカーショー

ダイネット部分は、固定式のセカンドシートとサードシート、サイドソファーの組み合わせになっています。

キャンピングカーショー

バンクベッドも装備されており、天井高がやや低いような感じはしますが、この部分は国産キャブコンでは標準的な大きさ。この内容で、乗車定員7名、就寝定員6名となっています。

就寝定員の部分ですが、キャンプをする際に選ぶテントと同じで、定員より1~2名少ない人数がちょうど使いやすい収容人数ということで、キャンピングカーの場合でも同じく、6名就寝であれば4~5名が快適に使える人数となります。

車両サイズが全長4,990mm×全幅2,100mm×全高2,800mmの標準的な国産キャブコンであれば、定員一杯で使うとなれば、車内がまさに『人だらけ』という感じになってしまうことは否めず、やはり最大定員数から1~2名減が一番使いやすいと経験上思っています。

キャンピングカーショー

エアコンは最後部の壁面に取り付けらられていて、この位置であれば車内をまんべんなく冷暖房できると思います。国産5×2キャブコンの室内であれば、日本のエアコンは非常に高性能のため、真夏の炎天下でも寒い位にエアコンを効かすことができると思います。

キャンピングカーショー

家庭用エアコンはオプションで、その価格は35万円。家庭用エアコンは家電量販店などで1台5万円程で販売されていることを考えると驚く程高額で、ここは何とかならないかと思ってしまうところ。

キャンピングカーショー

フリールームの扉と冷蔵庫が見えます。

キャンピングカーショー

フリールームの扉を開けてみました。やや異型ながらも広さは十分あり、これならポータブルトイレを置いても問題なく使えると思います。普段は大型の収納庫としても活躍するスペース。

キャンピングカーショー

冷蔵庫との位置関係はこんな感じで、エントランスドアから近い場所に冷蔵庫があり、使い勝手は良さそうです。

冷蔵庫は(12V/65L)のタイプを採用。最近特に感じることは昔主流だった、ガス・12V・100Vの3系統のパワーソースを使う3WAY冷蔵庫を搭載する国産キャブコンがほぼ皆無になったということ。

やはりLPガス搭載の危険性や、旅先でのLPガス重点拒否問題や充填の手間から、LPガスを使用する装備品は敬遠される傾向にあります。

キャンピングカーショー

室内家具はやや渋めのトーンのものを採用。LEDを多用した間接照明が美しく、消費電力が少ないLEDならではの演出。

キャンピングカーショー

収納庫の扉を開けてみました。内部も手抜きなく造られているようで、特に問題はなさそうです。

キャンピングカーショー

バンクベッドは引き出し式で、転落防止用のネットが標準で装備されているのは嬉しいところ。

キャンピングカーショー

冷蔵庫の上にも収納庫があり、フリールームや吊り戸棚と合わせればかなりの収納スペースとなり、連泊でも車内に荷物が溢れるということは無いでしょう。

キャンピングカーショー

天井には換気扇が装備されていますが、これはあまり換気効率が良くないタイプで、これはイケマセン。600万円もするキャンピングカーなのですから、ここは手抜きをして欲しくないところで、大型のファンを持つベンチレーターに交換して欲しいものです。

キャンピングカーショー

これはオプションになりますが、ソーラーパネルを取り付けた際のソーラーチャージャーコントローラーです。

断熱性や車内レイアウトなど、全体的にはよく出来ているキャブコンキャンピングカーだと思いますが、装備品のチョイスや価格を含め、もう少し頑張って欲しいと思うところもあるキャンピングカーでした。

関連記事

ページ上部へ戻る