ジャパンキャンピングカーショー2015『マックレー バレンシア プラス GUパッケージ DSタイプ』を検証

2015年に幕張メッセにて開催されたキャンピングカーショーで気になったキャンピングカーを検証してみます。

バレンシア プラス GUパッケージ

完全自立型という謳い文句で販売されている、マックレーというキャンピングカービルダーが造る『バレンシア プラス GUパッケージ DSタイプ』。見た目は何となくレトロな感じのするカムロードベースのキャブコンです。

バレンシア プラス GUパッケージ

外から見た感じ、バンクベッドの高さがそれなりにありそうな感じ。

バレンシア プラス GUパッケージ

エントランスドアはアメリカ製のペラペラタイプを採用。700万円以上するキャンピングカーなので、この辺りは改善をして欲しいと思うところ。

バレンシア プラス GUパッケージ

車両の真ん中付近にあるエントランスドアを入ったところにダイネットがあるレイアウト。セカンドシートは後ろ向き乗車で、サードシートに前向きに座るタイプ。このレイアウトは他の多くのキャンピングカービルダーが採用しているのですが、背もたれの低いセカンドシートに長時間後ろ向きで乗車するのはつらいと思うのですが、いかがなものなのでしょうか。

バレンシア プラス GUパッケージ

コレは最後部にあるフリールームの扉。左側に見える扉は、クローゼットの扉となります。

バレンシア プラス GUパッケージ

クローゼットの扉を開けると、発電機の置いてあるスペースがあり、その他は何もなくかなり広々と使えるクローゼットとなっています。これだけ広い収納スペースがあれば、棚などを自作すればかなりのキャンプ道具を入れることができそう。

バレンシア プラス GUパッケージ

最後部の扉を開けるとこんな感じでカセットトイレが置いてありました。

バレンシア プラス GUパッケージ

ここもかなり広いフリースペースで、カセットトイレではなくポータブルトイレを設置すればさらに広々と使えるようになるのではないかと思います。二段ベッドなどを装備していないキャンピングカーのため、フリースペースをふんだんに取ることができるようです。

バレンシア プラス GUパッケージ

フリールームの手前にはシンクもきちんと装備されています。

バレンシア プラス GUパッケージ

バンクベッドは外からの印象通り天井が高く開放的。これなら大人が2名寝ても圧迫感は少ないかもしれません。

バレンシア プラス GUパッケージ

居室部から運転席・助手席に行くのはやや狭い感じがしますが、常に行ったり来たりする通路ではないので、まぁ許容範囲だと思います。

冷蔵庫はエントランス脇に取り付けられていて、この位置は外からも非常に使いやすい位置のため、キャンピングカーの脇でサイドオーニングを展開してバーベキューなどをする際に重宝しそう。

バレンシア プラス GUパッケージ

リアクーラーはルーフエアコンを採用。「えっ、今どき何故にルーフエアコン?」と思ってしまいますが、確かに現在キャンピングカーエアコンの主流になりつつある国産家庭用エアコンは室外機を載せるスペースが必要。その点ルーフエアコンであれば室外機はキャンピングカーの天井に付くため、室外機のホースの取り回しや設置スペースの心配はありません。

ただ、微妙な温度調整や機器の信頼性から言えば国産家庭用エアコンの方が数段上。様々なキャンピングカービルダーがこぞって採用していることを考えると、キャンピングカーの空調のスタンダードになるのもそう遠くはないと思います。

ではこのマックレーの『バレンシア プラス GUパッケージ Dsタイプ』に室外機をどこに収めるのかと言えば、先ほど見たクローゼット部分が第一候補。後はシンク下の収納を削ってそこに入れるという感じ。いずれにしても多少室内の空間や収納が犠牲になるのはいた仕方ないこと。

2.8kwもの発電機を搭載しているので、エアコンを動かすなど朝飯前だと思うのですが・・・。

バレンシア プラス GUパッケージ

車両サイズは、全長4,990mm×全幅1,930mm×全高3,000mmと、ルーフエアコンの室外機が載っている分高さがやや高いようです。

バレンシア プラス GUパッケージ

天井付近にある収納スペース下に小さなオープン収納スペースがあり、半円の取り出し口がカワイイ感じ。

バレンシア プラス GUパッケージ

先ほどの広い最後部にあるフリールームを外から見るとこんな感じで、カセットトイレは参考で置いてあるだけのよう。「やはりココにはポータブルトイレで十分だよな、その方が空いたスペースを有効活用できるよね」と思ってしまう私。

バレンシア プラス GUパッケージ

『オール電化の旅行用キャンピングカー』

デイブレイクはキャンピングカーを知り尽くした買換えユーザーやスペシャリストが選ぶ車です

一見同じように見えてもユーザーサイドに立った発想・設計は「似て非なるもの」根本的に異なります。微妙な違いが大きな結果として現れることをマックレー・ユーザーは知っています。どこが?なぜ?疑問を感じたときから貴方はキャンピングカーのスペシャリストになります。貴方と長ーーーいお付き合い 出会いを大切にしています。

ということで、発電機を使って完全自立生活ができるキャンピングカーで、LPガスなどの補充が面倒な燃料を一切使用していないことをアピール。

私もLPガスを使用していないキャンピングカーというのは賛成できます。発電機も使用場所が限られるものの装備されていれば非常に便利。そういう意味では宣伝通り玄人ウケするキャンピングカーであることに違いはありません。

バレンシア プラス GUパッケージ

テールランプは控えめな印象ですが、この辺りも玄人が好むようなデザインということでしょうか。私もこのテールランプのデザインはいいと思います。ハイマウントストップランプも装備されているようなので、これで十分かと。

関連記事

ページ上部へ戻る