東京キャンピングカーショー2016『ティピーアウトドアデザインのクールな200系ハイエースバンコン』

今回は2016年7月3日(日曜日)に東京ビッグサイトで開催された、東京キャンピングカーショー2016を見に行った時の様子をご紹介。

200系ハイエースベースのバンコンが欲しいと本気で思いつつ東京キャンピングカーショー2016の会場内を徘徊している私ですが、『コレ!』という決め手に欠ける車が多く、早くも挫折しかかっております。

そもそも200系ハイエースのスーパーロングワイドボディーにディーゼル4WD/AT仕様のベース車両が現在は販売されていない時点で終了なのですが、ノーマルボディーであればディーゼル4WD/AT仕様の車両はあるため、何とかそれで手を打てないか、悩んでいるところ。

東京キャンピングカーショー2016

これは、ティピーアウトドアデザインが製造している200系ハイエースのバンコン。白色は膨張色なので、ことさら大きな車に見えてしまいますね。

東京キャンピングカーショー2016

内装は至ってシンプルでクールな印象。このようなシートカラーであれば汚れも目立たないため、アウトドアスポーツ用品などを詰め込んで遊びに行くのに適していると思います。

東京キャンピングカーショー2016

赤色をベースとした内装色もありますが、さすがに赤色の内装はちょっと遠慮したいところ。若いカップルが乗るのであればいいのですが、いい歳をしたオヤジが乗るにはちょっと痛いかも。

東京キャンピングカーショー2016

ワンオフでの生産も受けてくれるようで、写真にあるようなブルーを基調としたシートカラーもクールでカッコ良さそう。

東京キャンピングカーショー2016

さらに気になったのが、『永久保証』という表記。トラボイ ハイエースカスタムコンプリートカーが永久保証の対象になっているようですが、コレって凄くないですか?

キャンピングカーという特殊な車両に永久保証などはそうそう付けられるものではありません。裏を返せばそれだけ品質に自信を持っているということなのでしょう。

東京キャンピングカーショー2016

そんな200系ハイエースキャンパー特装車ベースの『ティピーアウトドアデザイン T200SL-R/PRO』の価格は411万円(税別)から。全長5,380mm×全幅1,880mm×全高2,285mmのワイドロングボディーをベース車両としたバンコンにしては頑張っている価格だと思います。

東京キャンピングカーショー2016

車両後部には段違いの二段ベッドを装備。下の部分に足を入れ、上の人は普通に就寝するスタイルで、就寝定員は3名という内容。子供小さな家庭であれば、大人二人と子供二人であれば十分寝ることができそう。

東京キャンピングカーショー2016

運転席・助手席にはおそらくオプション扱いだと思われますが、レカロのシートを贅沢に装備。セカンドシートと同色とし、車内の統一感を演出すると同時にクールな印象も受けます。

なかなかカッコいいキャンピングカーで、むしろキャンピングカーというよりは、ラグジュアリーバンといった感じ。

東京キャンピングカーショー会場内には、こんな感じでVIP仕様のようなワゴンやバン、かなり装備が充実したキャンピングカー仕様車、本当に寝るだけに特化した簡易バンコン等、様々な200系ハイエースベースのバンコンがあり、本当に迷ってしまいます。

キャブコンタイプのキャンピングカーを購入する際も同じですが、目的をある程度ハッキリさせてからでなければ、会場の雰囲気に流されて必要の無い装備品まで付いたキャンピングカーを買うハメになってしまうこともあるため、注意が必要です。

「コレだぁ~、という200系ハイエースのバンコンが無いなぁ~」と思いながら、東京キャンピングカーショー2016の会場内を回遊する私でした。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る