お台場キャンピングカーフェア2016へ行ってきました【その11】『アネックスのRELAX WAGON VP(リラックスワゴンバンプラス)が良い感じ』

今回は2016年11月6日(日曜日)にお台場で開催された『お台場キャンピングカーフェア2016』を見に行った時の様子をご紹介。

お台場キャンピングカーフェア2016

会場内にはこんな感じのバルーンが置かれていました。昨年のお台場キャンピングカーフェアにはありませんでしたから、新しく作成したみたいですね。

お台場キャンピングカーフェア2016

いつものエアストリームも展示中。いつ見てもカッコいいキャンピングトレーラーで、このような大型トレーラーを牽引して旅に出ることが出来る方が羨ましい限り。

私も高速道路のサービスエリアで1回だけ見掛けたことがありますが、存在感が凄かったですね。

お台場キャンピングカーフェア2016

かーいんてりあ高橋のコーナーへやってきました。200系ハイエースのバンコンを展示中。

お台場キャンピングカーフェア2016

『RELAX WAGON VP(リラックスワゴンバンプラス)』という、ハイエース・標準ボディー・標準ルーフ・ロングバンがベース車両のバンコン。

少し驚いたのが298万円(税別)~の価格設定。200系ハイエースのバンコンが軒並み500万円前後する中、200万円台から購入できるなんて、「こんな安価に造れる200系ハイエースのバンコンもあるんだぁ~」と、思ってしまいました。

お台場キャンピングカーフェア2016

見た目は街中で走っている200系ハイエースと何ら変わりません。

お台場キャンピングカーフェア2016

いつもの『かーいんてりあ高橋』のカーペットも健在。

お台場キャンピングカーフェア2016

フル断熱仕様を標準装備とし、夏は涼しく冬暖かく、さらに雨の音も静かということで、純正パネルを取り外し、断熱材をくまなく入れるなど、低価格ながらも断熱・遮音対策はしっかりと施されている模様。

低価格のバンコンによくありがちな、天井や壁面部分には一切手を入れず、ベッドと収納を造っただけの簡易バンコンとは少し違うようです。

お台場キャンピングカーフェア2016

室内レイアウトはセカンドシートとその後方にベッドルームというシンプルな内容。走行充電やサブバッテリーシステム、室内灯などの装備が標準で付き、使用頻度と利便性が低い極小のシンクなどは装備されていません。

200系ハイエースの簡易バンコンや、軽キャンピングカーに時々装備されている、食パン2枚分程の大きさしかない小さなシンクを備えたギャレーが装備されたキャンピングカーが時々ありますが、実用性はゼロに等しく、装備されること自体が疑問。

そのような無理矢理な装備品がこの『RELAX WAGON VP(リラックスワゴンバンプラス)』には無いため、車内が広く使える上にコストダウンにも貢献。

お台場キャンピングカーフェア2016

天井付近に装備されているライト類もオシャレ。

お台場キャンピングカーフェア2016

『4WD 3000ccディーゼルエンジン』の設定もあり、4ナンバー小型貨物車登録の標準ボディー仕様ではありますが、200系ハイエースの4WDディーゼルエンジンを選択できるのは嬉しいところ。

お台場キャンピングカーフェア2016

テールゲートを開けるとこんな感じ。ハイエースなどのバンコン系はこのテールゲート下を屋根のように使えるのも特徴。夏場などはガラス面に遮光カーテンなどがあれば、庇(ひさし)としての使い方もでき、2人で使うのであればサイドオーニングなども不要かと・・・。

お台場キャンピングカーフェア2016

「寝るだけであればこれで十分だよなぁ~」と思えるベッドスペース。ベッド下は大きな収納スペースとなっており、スキーやスノボ、釣り竿などの長尺物も収納可能。

車内にフルフラットになるスペースがあるのがキャンピングカーの特徴であり、メリットでもあるため、その基本的な部分はキチンと押さえてあり、好印象。

200系ハイエースベースのバンコンの中には装備品がテンコ盛りで700万円!というような驚きの価格帯の車両もありますが、あまり大きくない車体に装備品を詰め込み過ぎても使いづらいだけ。

かえって何も無い簡易装備のバンコンの方が、快適に移動して寝るという基本的な使い方にマッチしており、この『RELAX WAGON VP(リラックスワゴンバンプラス)』はなかなか理にかなった良いバンコンだと思います。

お台場キャンピングカーフェア2016

もうすぐお昼、良いお天気の中『お台場キャンピングカーフェア2016』の会場内も賑やかになってきました。

関連記事

ページ上部へ戻る