ジャパンキャンピングカーショー2016【インディアナRV・LPガス不使用のキャンピングカーに思うところ】

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー

こちらは、インディアナRVのコーナー。トレーラーや軽キャブコンタイプのキャンピングカーを販売、製造しているキャンピングカービルダーとなります。

ジャパンキャンピングカーショー

シルバー310Jという、トヨタのアルファードと同じようなサイズのトレーラーを展示。コンパクトなので駐車スペースに困らないとPRしています。

ただ、トレーラー単体であれば駐車場所には困らないかもしれませんが、トレーラーを牽引していると何かと制約があるのは間違いありません。

と、全長4,300mm×全幅2,190mm×全高900mmのジェットスキー用トレーラーを頻繁に牽引している私が言うので間違いありません。

コンビにも広い駐車場が無ければ無理ですし、スーパーやホームセンターでも混雑する時間帯は避けた方がいいかもしれません。一度牽引したままスーパー銭湯に行ったことがありますが、駐車する場所が無く結局トレーラーを切り離し、キャンピングカーとトレーラーで2台分の駐車スペースを使ったことも・・・。

ジャパンキャンピングカーショー

それでもキャンピングトレーラーは動力部分が無いため、内装が豪華な割にはリーズナブル。離れとして自宅で使用している方も意外に多くいたりして、静かに保有台数は増加している模様。

ジャパンキャンピングカーショー

しかも最近のトレーラーは外観もやたらカッコよく、こんなトレーラーを牽引してキャンプに行くのも楽しいかと思うところ。

ジャパンキャンピングカーショー

ヨーロッパのトレーラーだけあって、内装はモダンで豪華。気品がありますね。

ジャパンキャンピングカーショー

「うわ、ファンヒーターも付いてるよ」みたいな声も聞かれ、「そう、FFヒータという名前だけど、ヒーターには違いないですよ~」と心の中で呟く私。

ジャパンキャンピングカーショー

『このテーブルセットはダブルベッドに展開します』とあり、このテーブルが確か下に下がり、テーブル面の上にマットを敷いてダブルベッドを完成させる造りだと思いますが、違ったかな?

ジャパンキャンピングカーショー

FFヒーターは安価な灯油で作動するタイプに変更してあります。

ジャパンキャンピングカーショー

インディアナRVの扱うキャンピングカーは、徹底的にLPガスを使用しないキャンピングカーにこだわっていて、既存のLPガスを使う機器を灯油など、他の燃料に切り替えて販売。

その根底にあるのは、『ユーザーの安全のため』というたったひとつの目的。私のキャンピングカージルにも以前は5kgのLPガスボンベを2本も搭載していました。

主な使い道は、ガス式のFFヒーター、3WAY冷蔵庫の冷却、ガスコンロの燃料、温水ボイラーの熱源として使っていました。

ただ、FFヒーター、3WAY冷蔵庫が相次いで壊れ、コンロは火力が弱くて使い物にならず、温水ボイラーも最初は珍しくてトイレルームでシャワーなどを浴びていましたが、今や日本全国に日帰り温泉が沢山あり、80Lもの給・排水タンクを満載にして走るのも大変で、シャワーも使わなくなりました。

そんな時に話題になったのは、キャンピングカーなどに搭載しているLPガスボンベ充填拒否問題。最近はどこへ行っても断られることが多いらしく、LPガス充填難民なるキャンパーも多いとか。

LPガスを使用しなくても使える装備品も立派にあるため、LPガスを使うキャンピングカーの装備品は、もう時代遅れの装備品となっていると感じます。

キャンピングカーのルーフエアコンが国産のセパレートエアコンに置き換わっているように、これも時代の流れかもしれませんね。

ジャパンキャンピングカーショー

こんな感じで家族でテーブルを囲んでキャンプ場でゲームなどをするのも楽しいかも。夢が膨らむ演出ですね。

ジャパンキャンピングカーショー

車外に出したテーブルや椅子などに座ってくつろぐのもいいかも。

ジャパンキャンピングカーショー

ジャパンキャンピングカーショーの会場内では、やはり犬の姿が目立ちます。旅行に行く際に気になるのがペットと泊まれる宿があるかどうかということ。

無ければ家でお留守番か、ペットホテルという選択肢しかないため、キャンピングカーで一緒に寝泊りしたいという方も多いはず。

ペットと共に車中泊をするための雑誌やノウハウが多く紹介されていることから、そのように考えている方が沢山いることが伺えます。

ジャパンキャンピングカーショー

小型のトレーラーは大人気。ひっきりなしに見学者が来ます。

ジャパンキャンピングカーショー

牽引免許が必要な大型タイプのトレーラーも300万円程とリーズナブル。既に売約済の車両らしく、参考出展車両ということでした。

こちらにもデカデカとLPガスボンベは不使用ということが掲げられていました。

基本的にはこの姿勢は歓迎で、今時LPガスボンベがパワーソースのキャンピングカーなど、日本国内では販売して欲しくないと私は思っています。

最近の流行で、カセットガスをカートリッジに装填し、使用するタイプの機器がありますが、あれならカセットコンロとあまり変わりはないと思われるため、カセットガス供給器はまだいいのではないかと思います。

カセットガスであれば、ホームセンターやコンビニ等でも調達できるため、利便性が飛躍的に高まると思われます。

関連記事

ページ上部へ戻る