ジャパンキャンピングカーショー2016【トーザイアテオ&2015/2016キャンピングカーショー来場者数比較】

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー

こちらは、キャンピングレーラー等を輸入・販売しているトーザイアテオ株式会社のコーナー。

ジャパンキャンピングカーショー

輸入車ベースのバンコンも展示してありました。

ジャパンキャンピングカーショー

フィアットデュカトがベース車両のようですが、最近のフィアットの車両は外観もカッコいいですね。同じバンコンでも、国産の200系ハイエースやNV350キャラバンと比べても、デザイン性に雲泥の差があると感じます。

車両サイズは、全長5,413mm×全幅2,050mm×全高2,642mmという大きさで、200系ハイエースのスーパーロング等とそれ程大きさは変わらないため、自動車メーカーも思い切ってこれ位のサイズのベース車両を開発すればいいのにと思ってしまいます。

ジャパンキャンピングカーショー

バンコンらしく、運転席・助手席を回転させてダイネットを展開するレイアウト。これは各国共通の装備のよう。

ジャパンキャンピングカーショー

それでも、ボンネットの中にエンジンを納めているため、トラックやハイエースなどに見られるような、運転席・助手席と後部居室部を隔てるような出っ張りが無く、すっきりした印象。

ジャパンキャンピングカーショー

バンコンですが、シャワールームとカセットトイレを装備。少しベース車両の大きさが違うだけで、これだけ装備品に自由度が出るというのは少し驚き。

ジャパンキャンピングカーショー

Hobby Vantana K55という車両らしく、この内容で798万円(税別)ということですから、700万円もする200系ハイエースやNV350キャラバンが、いかに高額なのかということが分かるようなバンコン。

ジャパンキャンピングカーショー

乗車定員は4名、就寝定員3名の内容で、後部ベッドはこのような感じ。白いシートと木目家具の調和も取れていて、モダンな感じがします。

ジャパンキャンピングカーショー

ちなみにハンドルは左ハンドルとなります。これが唯一残念なところで、やはり日本国内で運転するには右ハンドルが圧倒的に便利。右ハンドルの国ですから、ドライブスルーを始め、あらゆる施設が右ハンドルを前提として設計されている国で、左ハンドル車に乗るのは苦労する場面も多々あるはず。

ジャパンキャンピングカーショー

ベッド下はお約束の大型収納スペース。

ジャパンキャンピングカーショー

リアには当たり前のようにヒッチボールが取り付けられており、何かを牽引している様子。

ジャパンキャンピングカーショー

バンコンの後ろにキャンピングレーラーを牽引していました。

ジャパンキャンピングカーショー

キャンピングカーショーの展示ということで、このような展開になっていると思われるのですが、本国ドイツではこのようなスタイルで遊びに出掛けている方も居るかもしれないと思わせるような光景。

これならヘッド車であるバンコン部分に大人2名が就寝し、トラベルトレーラー部分に子供2名が就寝するようなスタイルも実現するため、お互いに広々と空間を使えるようになりますね。

ジャパンキャンピングカーショー

動力部分を持たないトレーラーは装備の割に価格が安いため、国産の300万円台のバンコンにキャンピングトレーラーを牽引していけば、かなり快適なキャンピングカーライフが送れるような気がします。

ジャパンキャンピングカーショー

安価なキャンピングトレーラーですが、エントランスドアは立派。ペラペラのアメリカ製エントランスドアを採用し続けている国内キャブコンキャンピングカービルダーも、最低でもこれ位のエントランスドアを採用して欲しいもの。

ジャパンキャンピングカーショー

ジャパンキャンピングカーショー2016の会場内も徐々に混雑してきました。今年はどれ位の来場者があったのでしょうか。

ジャパンキャンピングカーショー

ジャパンキャンピングカーショー2016のホームページに集計結果が出ていましたので、少し載せておきます。

ジャパンキャンピングカーショー2016来場者数

2016年2月11日(木)14,428名
2016年2月12日(金)8,680名
2016年2月13日(土)19,592名
2016年2月14日(日)18,929名

合計61,629名

という結果でした。

ちなみに、ジャパンキャンピングカーショー2015の来場者数は以下の通り。

2015年2月13日(金)3,677名
2015年2月14日(土)20,838名
2015年2月15日(日)26,942名
2015年2月16日(月)9,028名

合計60,485名

という結果で、ジャパンキャンピングカーショー2015に比べてジャパンキャンピングカーショー2016は1,144名来場者が増えたことになります。

この結果を見る限り、キャンピングカーも安定した人気を誇るようになってきたと感じるところです。

関連記事

ページ上部へ戻る