ジャパンキャンピングカーショー2016【MYSミスティック J-cabin mini W(ジェイ・キャビンミニ W)に『かわいい』と絶賛の嵐】

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

こちらは、MYSミスティックのコーナー。先程少し見たのですが、あまりじっくりと見ていなかったため、再び訪れてみると・・・。

ジャパンキャンピングカーショー

何やら見慣れないトラキャンが展示されていました。しかも外観が素敵ではないですか。当然のように周りを取り囲む女性からは、例の言葉が飛び出します。そう、「かわいい~」です。

この国際基準になりそうな日本語である『kawaii(かわいい)』というフレーズが飛び交う中、静かに近付きじっくりと見てみることにします。

ジャパンキャンピングカーショー

車名は、『J-cabin mini W(ジェイ・キャビンミニ W)』という名前らしく、名前の文字からしてカントリー調のトラキャンだということが分かります。

ジャパンキャンピングカーショー

ボディーパネルは大型のトラキャンと同じ構造を採用しているようですが、天井の角がラウンドしており、このあたりの造形も『かわいい』と思わせる造りになっています。

ジャパンキャンピングカーショー

少し引いた位置から見ると、天井部分が丸みを帯びているのが良く分かります。丸みを帯びている部分にも小さな窓が付き、できる限りの採光をして車内を明るくするような配慮が見られます。

ジャパンキャンピングカーショー

内装はこんな感じ。ベンチシートに小さなテーブル、立派なギャレーもあります。バンクベッド部分に1名、ベンチシート部分がベッドになり、そこにもう1名の合計2名の就寝が可能。

運転席・助手席に各1名の2名乗車の軽キャンピングカーとなるため、いわゆる二人旅用の車両となります。

外観に違わずカントリー調の室内に『かわいい』という絶賛の嵐です。

ジャパンキャンピングカーショー

フロアも木目調のタイプが張り込んであり、室内の雰囲気に統一感を持たしています。

ジャパンキャンピングカーショー

サイドのアクリル二重窓はオプションとのこと。運転席・助手席側を見ることができる小窓が素敵。

ジャパンキャンピングカーショー

室内側の天井の様子はこんな感じ。軽トラキャンなのにファンタスティックルーフベントファンを2基装備。片側を吸気にして、もう一方を排気にすれば真夏でもかなり車内の熱気を素早く排出できると思います。

ジャパンキャンピングカーショー

頭上部分が狭くなってしまうため、造り付けのキャビネット等はありませんが、代わりにハンガーなどを掛けることができる装備品が付いていました。

ジャパンキャンピングカーショー

ギャレーもコンパクトな造りですが、本格的なものを採用。カントリー調の室内空間と相まって、何やらおままごとのような雰囲気さえ漂います。

ジャパンキャンピングカーショー

ベース車両の価格込みで254万円ということで、オプション無しの場合は240万円ということ。積載可能な軽トラックを所有していれば、トラキャンボディのみ購入すれば良いということになり、その場合は198万円ということ。

「えっ、そうすると単純に計算すると、軽トラックの価格は50万円程!?」ということになり、「軽トラックって安いなぁ~」と思ってしまう私。

ジャパンキャンピングカーショー

ベース車両である軽トラックも絶妙なカントリー調に塗装してあり、女性の心を鷲掴みにしている模様。

ジャパンキャンピングカーショー

キャンピングシェル部分だけで198万円ですから、この内容でこの価格は非常に安いと感じる私でした。こんな面白い軽トラキャンを密かに展示しているなんて、うっかり見逃してしまうところでした。こんなサプライズ展示もキャンピングカーショーの面白いところですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る