ジャパンキャンピングカーショー2016【トイファクトリーのバンコンに思うところ&ルノー カングーの展示内容】

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー

ズラリと並んだバンコンが壮観のここは、トイファクトリーのコーナー。キャンピングカーファンにはお馴染みの、高品質なバンコンを製造しているキャンピングカービルダー。

内装を見てみたいのですが、常に人が車内に入っている状態で、さすがに人気の高いバンコンビルダーだけに、見学する人が後を絶ちません。

ジャパンキャンピングカーショー

200系ハイエースをベースに、ソーラーパネルを装備したランドティピー。

ジャパンキャンピングカーショー

オプション無しで478万円、オプションをたっぷりと装備すると627万円とのこと。

ジャパンキャンピングカーショー

こちらは同じく200系ハイエースベースのGT(ジーティー)

ジャパンキャンピングカーショー

オプション無しで518万円、オプションをそれなりに付けると688万円とのこと。

ジャパンキャンピングカーショー

こちらは200系ハイエースベースですが、ハイエース キャンパー特装車 スーパーハイルーフという特別仕様のベース車両を採用したバンコンキャンピングカー。

ジャパンキャンピングカーショー

オプション無し価格でも700万円超え、オプションを付けると772万円と、800万円近いバンコンになります。

ここで思ってしまうのが、バンコンに600~800万円の金額を出せるかという問題。それだけの金額であればキャブコンも十分視野に入ってくるため、走行性能を取るか、居住性を取るかという難しい判断を迫られそうです。

最近の低金利を受けてか、オートローンも1.9%という低い金利のものが出てきました。高額なキャンピングカーを長いローンで購入しようと思っている方にとっては朗報なのではないでしょうか?

私も現在所有しているバンテックのジルも6年ローンを組んで購入しましたが、当然ここまで低い金利ではなく、かなりの金利を支払ってようやく自分の物にしたような感じでしたね。

ですから、現在の低金利水準は非常に羨ましい限り。この先も金利が上がる要素はあまりないため、キャンピングカーをローンを組んで購入しようと思っている方はチャンスかもしれません。

ジャパンキャンピングカーショー

トイファクトリーコーナーの一角に、ルノーカングー専用 ベッド/ウッドパネルキットを装備した車両が展示してありました。

ジャパンキャンピングカーショー

緑色の車体が目を惹きます。カングーって最近街中でも時々見掛ける車で、いかにも頑丈そうな感じの車だという印象があります。

ジャパンキャンピングカーショー

車両後部にはアウトドアテーブルやチェア、ティピーなども設置されていて、トイファクトリーの展示はなかなか凝っていますね。

「でもコレ、準備するのも大変だけど、撤収するのも大変なんだろうなぁ~」と、トイファクトリーの関係者の苦労を少し考えてしまいました。

ジャパンキャンピングカーショー

使い勝手はどうなのかよく分かりませんが、最近はこのようなルーフテントの展示が盛んに行われています。季節のいい時期は確かに快適かもしれませんが、それ以外の季節に活用しようと思えば、それなりの辛抱が必要な装備品には違いありません。

ジャパンキャンピングカーショー

キャンピングカーショーということで、会場内には犬を連れた方が多数。飼い主だけではなく、犬同士の交流も盛んに行われていました。

それにしてもみんなお利口さんです。ワンワン吼えまくっている犬は殆ど見掛けませんでした。お行儀の良い犬であれば、キャンピングカーでの旅も楽しいものになると思います。

関連記事

ページ上部へ戻る