ジャパンキャンピングカーショー2016【バンショップミカミのD(でっかい)テントむし が気になる私】

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー

こちらは、バンショップミカミのコーナー。

ジャパンキャンピングカーショー

カラフルなテントむしという軽キャブコンタイプのキャンピングカーから、これまたカラフルな靴下を履いた女性が丁度降りてくるところ。

開口部の幅はそれなりにありますが、いかんせん高さの低いエントランスドアのため、頭を屈めながら降りてきました。実際の使用場面においてもこのような感じの使い方をせざるを得ないと思われます。

それでも車内に入ってしまえばポップアップルーフの恩恵により、立って移動することは可能。

ジャパンキャンピングカーショー

ただ、移動するとは言っても軽キャンピングカーのため、移動する空間はミニマム。一人もしくは二人旅用と割り切った使い方をしなければ狭いだけのキャンピングカーになってしまいそう。

確かに街中を走っていれば目立つ存在ではありますが、実用性を考えればもう少し費用を掛けて200系ハイエースの標準ボディーを購入した方が実用的かもしれません。

ジャパンキャンピングカーショー

そんなことを思いながらバンショップミカミのブース内を見回してみると、コレ、いいじゃないですか・・・。

ベース車両は数年前にフルモデルチェンジをした『トヨタライトエース』で、車両サイズは全長4,550mm×全幅1,770mm×全高1,495mmという手頃な大きさ。このサイズであれば200系ハイエースのバンコンと遜色ありません。

ジャパンキャンピングカーショー

室内レイアウトはL字型ソファーとテーブルの組み合わせ。

小さなギャレーも装備されています。

ジャパンキャンピングカーショー

運転席・助手席の後ろからはエレベータールーフで天井を嵩上げしているため、キャンプ地での居住空間に不満はありません。

ジャパンキャンピングカーショー

展示してあるモデルは、リアの壁に大型のラゲッジドアを装備するタイプで、これだけの大きさがあればキャンプ用品などの載せ降ろしも楽々だと思います。

CIMG9674

バンショップ ミカミ D(でっかい)テントむしという車名で、価格は363万円からとリーズナブル。ライトトラックベースのキャンピングカーとしてはかなり安い部類に入り、200系ハイエースのバンコンが軒並み380~450万円前後することを考えれば、新車でもお買い得なキャンピングカーだと思います。

この、『D(でっかい)テントむし』にはワイドタイプのボディーも準備されており、ナロータイプの全幅1,770mmに対してワイドタイプは1,880mmと110mm幅が広くなっています。この1,880mmは200系ハイエースのワイドボディーと同サイズ。

ジャパンキャンピングカーショー

ワイドタイプの車両も幅が広い分、車内空間に余裕がありそうです。いずれにしても、エレベータールーフを収納した状態であればかなり全高を抑えたスタイルになるため、走行安定性もいいのではないでしょうか。

『D(でっかい)テントむし』は、ライトエースベースのライトキャブコンとしてはかなりの完成度の高いキャンピングカーだと私は思いました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る