ジャパンキャンピングカーショー2016【東海特装車の白いバンコンに思うところ】

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー2016

キャンピングカーショー会場内において圧倒的な種類の多さを誇る200系ハイエースのバンコンが展示中。

ジャパンキャンピングカーショー2016

前回のフルモデルチェンジから10年以上が経過し、内装レイアウト等も出尽くした感があるのですが、いまだにポツリポツリと新型のキャンピングカーが出てくるあたりはさすがに奥の深さを感じるところ。

最近は200系ハイエースも600万円超えの高級志向と逆に300万円台の簡易仕様に分かれつつあります。

私から言わせてもらえば、それ程車内空間が広くないキャンピングカーに600万円以上を払うのはちょっと勘弁というところ。

600万円以上のお金を出すのであれば、カムロードベースのキャブコンタイプのキャンピングカーを買った方が、走りはさておきキャンピングカー内での生活は格段に快適。

ジャパンキャンピングカーショー2016

200系ハイエースのバンコンに求めるものは、このモデルのように荷物がそこそこ積めて寝られる空間があればいいと思うのですがいかがなものでしょうか。

ジャパンキャンピングカーショー2016

東海特装車生産車種というパネルがあり、その中でも目を惹かれたのが『輸出特装』という車両。

おそらく外国の要人向けの特殊車両で、防弾ガラスや防爆パネルなどを使った対テロ用車両だと思われます。モノがモノだけにあまりメジャーな存在ではありませんが、治安の悪い外国などでは確実に需要がある分野。

ジャパンキャンピングカーショー2016

東海特装車がキャンピングカー会場に持ち込んできていたのが、ミニバンを改造したバンコン。

ジャパンキャンピングカーショー2016

人だかりができている車両がありました。

ジャパンキャンピングカーショー2016

内装が白いです。雰囲気的にはカプセルホテルのよう。

ジャパンキャンピングカーショー2016

床下からはテーブルが出てきて、その奥にはペット用のケージを納めるスペースも。

ジャパンキャンピングカーショー2016

運転席側スライドドアを開けるとこんな感じ。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ベース車両はトヨタのノアボクシー。運転席・助手席も白で統一されており、ショーモデルとしては清潔感溢れる感じでいいかもしれません。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ただ、実際にアウトドアフィールドで使用するのであれば、汚れが目立って仕方ないのも事実。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ショーモデルとしては見栄えがしていいかもしれませんが、実際の使用においてはグレーや紺色など、汚れの目立たない色でなければフィールドで汚れが気になって仕方ないと思いますね。

ジャパンキャンピングカーショー2016

「みんな色々考えるなぁ~」と思いながらキャンピングカーショー会場内を散策する私でした。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る