ジャパンキャンピングカーショー2016『株式会社 ダイレクトカーズのラグジュアリーバンコン』

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こちらは、『BLUME』というキャンピングカービルダーのコーナー。あまり見掛けたことのない名前ですが、ハイエースなどのバンコンを展示中。

ジャパンキャンピングカーショー2016

株式会社 ダイレクトカーズというキャンピングカービルダーのようで、三重県にあるハイエースを専門としたビルダー兼販売店みたい。前述の『BLUME』というのは会社名ではなく、キャンピングカーのモデル名のよう。

ジャパンキャンピングカーショー2016

アウトサイドボックス部分の処理が美しい200系ハイエースのバンコンを展示。なかなかシブイ外観です。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ダークな色の家具とファブリックを使い、落ち着いた感じの室内。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ラグジュアリー感を持たせつつ、就寝スペースもしっかりと確保。

ジャパンキャンピングカーショー2016

『ジュピター』という車名のようで、ベース車両をバンではなく、ハイエースの中でも最上級グレードであるグランドキャビンを採用。

バンベースとの違いは・・・

・天井にエアコン吹き出し口を装備(バンベースは無し)
・リアハッチにイージークローザーを装備
・オプションでスマートキーを選択可
・足回りはワゴンベース
・内装はフルトリム
・ボディーカラーはノーブルパールトーニング2など、高級感のある色を選択可

ジャパンキャンピングカーショー2016

三重県産『檜』を室内家具に採用している模様。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ギャレーの天板も高級感があります。

ジャパンキャンピングカーショー2016

価格は600万円~となっており、200系ハイエースの中でも高額の部類。雑誌、ハイエースファンの表紙を飾ったこともあるみたい。

ジャパンキャンピングカーショー2016

確かにカッコいいのですが、やはり200系ハイエースのバンコンに出せる金額は400万円がいいところだと思っている私にとっては少し高いキャンピングカーかな。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ホイールもなかなかゴツイ感じの物を履いており、この辺りも価格に跳ね返ってきていると思われます。

ジャパンキャンピングカーショー2016

改めてエクステンションボックス付近を見てみると、なかなか丁寧な造りで、よくできています。チョイ悪親父が好みそうな外観と内装の200系ハイエースバンコン。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こちらはバンベースのアクロスVANというタイプのバンコン。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ダークな室内トーンは落ち着いた雰囲気。LED照明をうまく配しており、全体的にはキャンピングカーというより『ラグジュアリーバン』といった感じ。

ジャパンキャンピングカーショー2016

価格は478万円(税別)という微妙な価格。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ちょっと豪華な室内トーンと、寝るだけであればこれでも十分かな。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ポップアップルーフを装備しているモデルもあり、そのポップアップルーフから長い足がニョッキリと出ている展示はちょっと驚かされる展示方法。

何となく『ギョッ』とするような感じで、おそらくそれを狙って展示している模様。

株式会社ダイレクトカーズというキャンピングカーショーではあまり馴染みのないキャンピングカービルダーですが、様々なタイプのキャンピングカー以外のハイエースも手掛けている会社のようです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る