ジャパンキャンピングカーショー2016『ALFLEX(アルフレックス ジャパン)のリーズナブルラグジュアリーバンコン』

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こちらは、ALFLEX(アルフレックス ジャパン)のコーナー。数年前から気になっているラグジュアリータイプの200系ハイエースベースのバンコンを得意としているビルダー。

ジャパンキャンピングカーショー2016

どちらかと言えばキャンピングカーと言うよりは、内装が豪華なミニバンのような車両を200系ハイエースで実現しているといった感じ。

ちょっとキャンピングカーとして使うにはもったいないような感じの内装で、知らない人が見れば200系ハイエースの車内とは思えない程の豪華さ。

ジャパンキャンピングカーショー2016

家具やシート、床面などもきっちりと造り込まれており、細かい部分にも手抜きをしているようなところは見当たりません。若いファミリーの特にお父さんの関心が高く、小さなお子さんを連れたお父さんが熱心に車内を見ている姿も・・・。

ジャパンキャンピングカーショー2016

「これだけの内装なので、さぞかし価格もお高いんじゃ・・・」と思うところですが、意外にも標準装備のみであれば400万円(税別)からというリーズナブルな価格。

200系ハイエースのバンコンには出せても350~400万円が限界だと常々思っている私にとって、この価格は魅力的。キャンピングカーとしての使い方より普段の移動を快適にという方であればこの位の価格帯のバンコンが、価格と内容のバランスが取れていていいと思います。

200系ハイエースベースのバンコンで600万円以上する車両がありますが、ハッキリ言って高過ぎ。確かにベース車両自体が高額だからということもあるのですが、「さすがにバンコンで600万円は無いでしょう~」と思ってしまいます。

ジャパンキャンピングカーショー2016

300系ハイエースへのモデルチェンジの噂もチラホラ聞かれますが、マイナーチェンジをしてからフロントグリル周りのデザインが多少変更になりました。

ライトは純正採用されている物以外を取り付けているようですが、やはり200系ハイエースはカッコいいと思ってしまいます。300系ハイエースに進化した際、どのような顔つきになるのか、今から楽しみでもあります。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こちらは標準装備品で430万円(税別)の車両。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こちらも内装が豪華です。シンプルな色使いと多くの装備品を無理に詰め込んでいないため、車内も広く見えます。天井付近に収納用の棚などがあれば便利なことは確かですが、その分頭上空間が狭くなるため、特にバンコンでは天井付近の収納棚の有無は使い勝手に大きく影響を与える部分。

ジャパンキャンピングカーショー2016

「余計な収納スペースがあれば必要無い物まで持って行ってしまう・・・」という私のような人間であれば、収納は少ない位が丁度いいかもしれません。

ジャパンキャンピングカーショー2016

このホイールとタイヤは展示用ということで、走行は出来ないと注意書きにあり、見た目はクールですが実用性は無い模様。

車高を下げるのはカッコいいですが、あまりやり過ぎると街中にあるちょっとした段差などが気になり過ぎてドライブが楽しめなくなりそう。

私の使用場面においてはむしろ車高は高い方が望ましいため、足回りはノーマルのままで、内装がALFLEX(アルフレックス ジャパン)の造るような豪華なタイプであれば考える価値があると感じました。

しかし、現行の200系ハイエースにはワイドロングボディーにディーゼルエンジン搭載の4WDモデルが無いため、ベース車両に納得いくものが出ない限り、ハイエースのバンコンは購入できそうにありません・・・。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る