ジャパンキャンピングカーショー2016『キャンピングカーランドのコーナーで300系ハイエースに想いを馳せる』

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こちらは、キャンピングカーランドのコーナー。RVランドと間違えそうな感じですが、もちろん違う会社。200系ハイエースのボディーカットキャブコンに人が集まっています。

ジャパンキャンピングカーショー2016

セレンゲティという200系ハイエースのボディーに鋼製スペースフレームというフレームを入れ、キャンピングシェル部分の強度を高めたキャンピングカー。

普通のキャブコンタイプのキャンピングカーにはこのような鉄フレームは入っておらず、アルミもしくは木製のフレームにFRPを表面に貼り付けてあるだけ。

どちらが強度的に優れているのかは比べるまでもありませんが、キャンピングカー乗車中の乗員の安全を考えるとこの位の構造にしないといけないということなのでしょう。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こちらは、200系ハイエースのスーパーハイルーフ特装車をベース車両にしたバンコン。

ジャパンキャンピングカーショー2016

スーパーハイルーフということで、天井の高さもそれなりにあります。

ジャパンキャンピングカーショー2016

落ち着いた色使いの車内です。

ジャパンキャンピングカーショー2016

最後尾には大きなフリールームがあり、コレ、私の理想形なんです。ココにポータブルトイレを置けば立派なトイレルームになる上、濡れたウエットスーツなどもプラケースに入れて放り込んでおけます。

ジャパンキャンピングカーショー2016

扉を閉めるとこんな感じ、まさにひとつの部屋として使用可能。

ジャパンキャンピングカーショー2016

スーパーロングだけあり、フリールームが装備されていてもこれだけの余裕が車内にあります。

ジャパンキャンピングカーショー2016

しかし理想のキャンピングカーではありますが、お値段が理想とはかけ離れている感じ。さすがにバンコンに800万円を出す訳にはいきません。これなら中古のかなり程度の良いバスコンが買えてしまうお値段。

しかし200系ハイエースのバンコンを買うのであれば、そろそろ決断した方がいいかもしれません。それと言うのも次期300系ハイエースが2019年頃に出るかもしれないと言われています。

ジャパンキャンピングカーショー2016

その時の格好はこんな感じになるという噂も。

今のボンネットの無いスタイルは200系ハイエースが最後で、300系ハイエースはボンネットのあるスタイルになる模様。これもひとえに衝突安全基準のためということですから、このスタイルになる可能性はかなり大きいとのこと。

ボンネットが付いて衝突安全性が向上するのは結構なことなのですが、今の200系ハイエースと同じ全長であれば間違いなく室内の長さが短くなってしまいます。

ジャパンキャンピングカーショー2016

そうなると今のようなゆったりとした空間を望むのは難しくなると思われ、200系ハイエースの全長で空間の長さを最大限享受しようと思えば、現行モデルが販売されている今が最後のチャンスかもしれません。

ジャパンキャンピングカーショー2016

でも、私の好きなディーゼル4WDの設定が今の200系ハイエースには無いため、悩ましいところです。300系ハイエースが発売されたら、このNV350キャラバンの人気が逆に高くなる可能性もありますね。

ジャパンキャンピングカーショー2016

NV350はまだフルモデルチェンジして数年しか経過していないため、しばらくはこのままの形状で行くでしょうから。

ジャパンキャンピングカーショー2016

NV350のバンコンでもそれなりのお値段ですね。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こっちは200系ハイエースの違うモデルですが、これも最後尾にフリールームがあります。

ジャパンキャンピングカーショー2016

シンプルですが、洗練された感じがします。

ジャパンキャンピングカーショー2016

「やっぱ200系ハイエースの最終モデルを買うしかないのかなぁ~」と思いますが、4WDはガソリンエンジンしか選択できないので、決断できずにいる私です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る