ジャパンキャンピングカーショー2016『バンテックの軽キャンピングカーを検証』

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こちらは、キャンピングカーの老舗ビルダーであるバンテックのコーナー。バンテックも遂に軽キャンピングカーを新たに発売した模様。

『本質を知り、優雅さを求める、成熟した大人の軽キャンパー誕生。』ということで、Lunetta(ルネッタ)という車名の軽キャンピングカーを展示。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ベース車両はスズキのエブリーワゴンを採用。

ジャパンキャンピングカーショー2016

最近の軽ワゴン車はフロントフェイスがなかなかカッコいいですね。

ジャパンキャンピングカーショー2016

車内はこんな感じで、所狭しと様々な装備品が配置されています。

ジャパンキャンピングカーショー2016

最後部にあるミニギャレーも美しい造りで、この辺りはバンテックの得意分野であるキャブコンの内装技術が生かされていると感じます。

ジャパンキャンピングカーショー2016

この軽キャンピングカーの特徴としては、吊り下げ式のベッドがあるという点。吊り下げ式のベッドがあれば狭いフロアベッド部分で身を寄せ合って就寝する必要は無いため、軽キャンピングカーでは特に有効な装備品だと思います。

天井部分のクリアランスはミニマムですが、寝てしまえば気にならないでしょう。

それより気になるのが、助手席を折り畳んだ部分に置かれている車載用電子レンジの存在。何もこんな狭い軽キャンピングカーにわざわざ使用頻度の低い装備品を無理矢理置くこともないと思うのですが・・・。

軽キャンピングカーはサブバッテリーも大型のタイプを搭載することができないため、電子レンジなどの大電流を使用する機器はあまり使わない方がいいと思います。

最近はコンビニがどこにでもあり、お弁当を温める程度であればコンビニの電子レンジで十分だと思います。

ジャパンキャンピングカーショー2016

吊り下げ式のベッドを横から見たところはこんな感じ。

ジャパンキャンピングカーショー2016

老舗キャンピングカービルダーらしく、ダンパーなどのパーツを組み合わせ、展開及び収納時に力をあまり必要としない構造にしているようです。

ジャパンキャンピングカーショー2016

フロアベッドの中わたは、L-LapというTEIJIN(帝人)製の素材を採用している模様。『高反発で弾力性が高いため、体圧を分散し、身体全体の体重を敷き布団全体で支えてくれます。 そのため身体に負担がかかりにくく、理想的な寝心地を実現。 また、ヘタリにくく弾力性が持続します。』といった特徴があるみたい。

ジャパンキャンピングカーショー2016

気になるお値段ですが、標準装備のタイプで252万円(税抜)で、プルダウンベッドはオプション扱いで15万円(税抜)という価格。なんだかんだで300万円近い軽キャンピングカーになってしまう価格で、軽キャンピングカーに300万円を出せるかと言うとちょいと微妙なところ。

ジャパンキャンピングカーショー2016

あと50万円も出せば200系ハイエースの簡易バンコンが購入できる価格だけに、少し考えてしまう価格でもありますね。

ジャパンキャンピングカーショー2016

スマホ用のバンテック公式アプリができたみたい。『キャンピングカー関連の最新情報をはじめ、全国で開催されるイベント情報のほか、アプリユーザーだけに特別価格で提供するキャンピングカーパーツセール情報も随時配信。更にイベント時のパーツ購入でもスマホで簡単決済が可能。』というアプリみたい。

中でも最後の、イベント時のパーツ購入をスマホで決済できるのは魅力的。キャンピングカーショーなどでパーツコーナーを見ていて、掘り出し物があった場合に手持ちの現金が無く、諦めていたこともあったのですが、スマホで決済ができるとあればまた衝動買いの機会が増えてしまいそう。

ジャパンキャンピングカーショー2016

新型ジルの人気は上々で、常に車内の見学を希望する人の列ができていました。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こちらはバンテックのカタログを配布する受付。沢山の人で賑わっています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る