ジャパンキャンピングカーショー2016『RVランド ランドホームは私にとって特別な存在!?』

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー2016

「ただいまぁ~」と、言う感じで帰ってきたのがこのキャンピングカー。「やっぱ最後はコレだよねぇ~」という思いで私が乗り込むキャンピングカーと言えば・・・。

ジャパンキャンピングカーショー2016

そう、国産キャンピングカーの最高峰に位置するバスコン。その中でも一番完成度が高いと思われる『RVランド ランドホーム』を今回も仔細に見学。

ジャパンキャンピングカーショー2016

幕張メッセのキャンピングカーショーだけに展示される車両で、一年に一度、このバスコンを見るためだけにジャパンキャンピングカーショーに足を運んでいると言っても過言ではない存在。

ジャパンキャンピングカーショー2016

やはり何度見ても憧れのバスコンは素晴らしく、ため息しか出てきません。

ジャパンキャンピングカーショー2016

この実用的なギャレーに装備されている深型のシンク。軽キャンピングカーやバンコンに装備されている構造基準を満たすだけのためにあるような実用性ゼロの水廻りとは一線を画します。

ジャパンキャンピングカーショー2016

フリールーム内にある段差が気になりますが、ここまでくれば『アバタもえくぼ』という感じで許せてしまいます。

ジャパンキャンピングカーショー2016

段差が不便であれば小型の収納スペースを自作し、段差を埋めてしまえばいいだけ。

ジャパンキャンピングカーショー2016

トヨタコースターのマイクロバスがベース車両のため、走行性能や乗り心地、安全性などはお墨付き。窓も広く運転していても、同乗者も外の眺めは抜群。長距離ドライブが確実に楽しくなるキャンピングカーです。

ジャパンキャンピングカーショー2016

それでもテーブルの上にあるプライスカードを見て現実に引き戻されたりして・・・。でもこの内容で1,000万円ということは、あながち高いとは思えません。200系ハイエースのバンコンでも800万円程の車両があるため、それから考えればプラス200万円でこの内容のキャンピングカーが手に入るのであれば、断然バスコンの方が良いと思ってしまいます。

ジャパンキャンピングカーショー2016

最近のキャンピングカーらしく、室内照明はLEDを採用。

ジャパンキャンピングカーショー2016

家具の質感も私好みで、本当に良くできているキャンピングカーだと思いますね。

ジャパンキャンピングカーショー2016

液晶テレビを取り付けるためのアームも装備。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ベッドルームには家庭用エアコンの姿も。

ジャパンキャンピングカーショー2016

サブバッテリー保護の観点からもLED照明はキャンピングカーにとっては必須の装備品になりつつあります。

ジャパンキャンピングカーショー2016

これは憧れの運転席。

ジャパンキャンピングカーショー2016

運転席に座ってみました。

ジャパンキャンピングカーショー2016

RVランドさんの車両はこうして実際に運転席に座って体験できる展示車両も多く、一年に一度のお楽しみとして運転席に座って悦に入っています。

マイクロバスの運転席からの眺めは格別です。「ほ、本当に欲しいなぁ~」と、心の底から思ってしまう瞬間。

ジャパンキャンピングカーショー2016

カムロードと同じ、スピードメーターにタコメーター、燃料計に水温計とインパネはシンプル。これ位シンプルな方が見る方も迷わなくて有り難いもの。

ジャパンキャンピングカーショー2016

後ろを振り返るとこんな感じ。広大な空間が広がっています。

ジャパンキャンピングカーショー2016

「1,000万円かぁ~」ということで、束の間の夢の時間がお開きとなりました・・・。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る