ジャパンキャンピングカーショー2016『飛行機のファーストクラスのようなバンコン』

今回は、2016年2月11日(木曜祝日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2016』の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こちらは、SECOND HOUSE(セカンドハウス)のコーナー。

ジャパンキャンピングカーショー2016

200系ハイエースのバンコンを展示しているのですが、その車内はLED照明が多用されており、まるで宇宙船内部のよう。200系ハイエースの生産は後数年ということなので、この広大な空間をこのボディーサイズで享受しようと思う方は、そろそろ決断した方がいいかも知れません。

次期300系ハイエースはボンネット付きのデザインとなり、同じ全長の車両でも車内の絶対的空間が狭くなると言われています。

ジャパンキャンピングカーショー2016

なかなかに洗練された内装デザインです。

ジャパンキャンピングカーショー2016

価格は478万円(税別)からということで、やはりそれなりのお値段がします。200系ハイエース自体のベース車両価格が高いために仕方のないところなのかもしれませんが、やはりバンコンに500万円を出すのは躊躇してしまいます。

ジャパンキャンピングカーショー2016

ブース内には真っ黒なボディーの200系ハイエースのバンコンも展示中。

ジャパンキャンピングカーショー2016

こちらの内装も宇宙船内のように洗練された感じ。最後部にはゴルフバッグも余裕で入り、4名分のゴルフバッグであれば十分に最後部に積載可能。

高級ミニバンのような佇まいでありながら、荷物も収納でき、いざとなれば就寝も可能という、なかなか多彩な使い方のできるキャンピングカーだと思います。

セカンドシートはFASPのような3名掛けではなく、単座の椅子を2脚装備。ラグジュアリー感溢れる室内テイストとなっています。

ジャパンキャンピングカーショー2016

まさにテーブルの上に置かれたシャンパンが似合うようなバンコン。

ジャパンキャンピングカーショー2016

床面には大理石調のクッションフロアを敷き、ソファーベッドは多機能型ハネ上げ式を採用し、様々なレイアウトが可能となっている模様。

ジャパンキャンピングカーショー2016

『セカンドハウス ウイングス プレミアム』という車名で、価格は440万円(税別)から。

セカンドシートの単座部分だけを見ると、旅客機のファーストクラスのよう。アウトドアで使用するには汚れが目立つ色ですが、ここまで来ればキャンピングカーというよりは高級ラグジュアリーワゴンといったところでしょうか。

ジャパンキャンピングカーショー2016

シンクの蓋にはカップホルダーが装備され、液晶テレビでDVDなどを鑑賞できれば本当に旅客機の中と変わりありませんね。

ジャパンキャンピングカーショー2016

天井のデザインや見た目も旅客機のよう。間接照明の使い方も秀逸で、天井から室内全体が柔らかい光に包まれているような感覚。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る