『ジャパンキャンピングカーショー2017』in幕張メッセに行ってきました【その39】キャンピングカーの色やデザインについて想うところ

今回は、2017年2月5日(日曜日)に千葉県の幕張メッセで開催された『ジャパンキャンピングカーショー2017』を見に行った時の様子をご紹介。

既に幕張メッセのキャンピングカーショーから4ヵ月が経過し、春を通り過ぎ、初夏になりつつある時期ではありますが、とりあえずこれで『ジャパンキャンピングカーショー2017』の紹介は最終章ということで・・・。

そんなことを言っているうちに、夏のキャンピングカーショーである東京ビッグサイトで開催される、『東京キャンピングカーショー』が7月1(土)~2(日)ということらしく、既に1ヵ月を切っている状態。

とりあえず見に行く予定なのですが、このままの調子であれば、秋~初冬にかけての紹介になってしまいそうな予感も・・・。

ジャパンキャンピングカーショー2017

それはさておき、カムロードも顔つきが変わりましたね。私の所有している設計自体が20年以上前の車両に比べると、内装はもとより、外装もなかなか洗練された感じになっています。

特に最近の普通乗用車のテール周りはデザインワークが激しく、「そ、そこまで凝った造りにしなくても・・・」という感じのテールランプ周りのデザインを『やり過ぎ』た感じの車両が目につきます。

シンプルな方が飽きがこない上に洗車も楽だと思うのですが、複雑な造形はキレイにしているうちは良いですが、一旦汚れだすとキレイにするのが大変かと・・・。

ジャパンキャンピングカーショー2017

そう言った意味においては、このキャンピングカーのように表面が凹凸の少ない『ツルッ』としたキャンピングカーの方が、洗車するのも楽だと思いますね。

ジャパンキャンピングカーショー2017

コレは『日本特種ボディー』の2トントラックベースのキャンピングカー。真っ黒い車体が威圧感満点で、キャンピングカーショー会場の中でも一際異彩を放つ存在。

これもまたキレイな状態を保つのに苦労しそうなカラーではありますが、もの凄く目立つのは間違いありません。ベース車両であるエルフのキャブ部分も黒く塗装されており、全てが真っ黒。なかなか気合が入っている感じ。

ジャパンキャンピングカーショー2017

こちらはノーマルバージョンの白ボディー。やはりこちらの方が一般的かと・・・。この『日本特種ボディー』のキャンピングカー、キャンピングカーショー会場内でも注目度が高く、見学者が後を絶ちません。

やはり『本気でキャンピングカーを造っている』というオーラが人々を惹き付けるのでしょうか?『良い製品は声無くして人を呼ぶ』という言葉通り、特に派手な宣伝などはしていませんが、どこからか情報を聞きつけ、見学にやってくる人が多数。

ジャパンキャンピングカーショー2017

基本的にキャンピングカーは手造りのため、1台を製造するのに大変な時間と手間が掛かるもの。『日本特種ボディー』もその例に漏れず、展示車両を確保するのに苦労している模様。

そこで実際に納車されたユーザーのキャンピングカーを借り、キャンピングカーショーに出展するということも。

量産化が進んでいる普通乗用車では考えられないようなことが、キャンピングカー業界ではわりと普通に行われているというところからして、扱う製品の特殊性を感じざるを得ませんね。

ということで、2日間に渡り『ジャパンキャンピングカーショー2017』の会場内を仔細に見て回りました。キャンピングカー人気は年々高まっているようで、来場者数も伸びている模様。

ジャパンキャンピングカーショー2017

ところで、ペットケア料金なるものを徴収していた『ジャパンキャンピングカーショー2017』ですが、この赤いTシャツを着た係の方が、ペットの排泄物などの処理などを会場内を巡回しながら行っており、この人達の活動費としても使われているみたい。

そのおかげなのか、私が見る限りにおいて『ジャパンキャンピングカーショー2017』会場内でペットの粗相が、そのまま放置されているというようなことはありませんでした。

ジャパンキャンピングカーショー2017

会場の外は2月の冷たい雨。

ジャパンキャンピングカーショー2017

雨模様のお天気でもこのように多くのキャンピングカーが、幕張メッセの駐車場に駐車していました。

ジャパンキャンピングカーショー2017

オリジナルカラーのジルでしょうか?なかなかオシャレな感じの色使いだと思いました。

ジャパンキャンピングカーショー2017

ということで、今年のキャンピングカーショーも楽しめました。来年の『ジャパンキャンピングカーショー2018』はどのようなキャンピングカーが出てくるのでしょうか?今から来年のキャンピングカーショーが楽しみな私。

ジャパンキャンピングカーショー2017

料金所を出て、近くにあったイオン幕張で食事をして帰路につきました。

ジャパンキャンピングカーショー2017

夜の湾岸線の様子。午後9時頃のため、葛西臨海公園の観覧車でしょうか?まだ明かりが点いていました。

ジャパンキャンピングカーショー2017

いつもの歌舞伎座を見ながら・・・。

ジャパンキャンピングカーショー2017

銀座もまだ明るい時間帯。

ジャパンキャンピングカーショー2017

新宿もまだまだ人が沢山。日曜日の午後10時頃ですが、やはり都心方面はまだまだ賑やかですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る