東京キャンピングカーショー2017を見に東京ビッグサイトへ行ってきました【その20】ナッツRVの新型セミフルコンの迫力が凄い!

今回は2017年7月1日(土曜日)に東京ビッグサイトで開催された、東京キャンピングカーショー2017を見に行った時の様子をご紹介。

東京キャンピングカーショー2017

ナッツRVのコーナーにやってきました。今回の東京キャンピングカーショー2017でも、当然のように最大面積のブースと、最大数量のキャンピングカーの展示車両を持ち込んでの出展となっています。

看板の両隣にあるのは、最近よく見かける空気で腕の部分がブルンブルンするエア式の人形。実は私、この人形が苦手。何となく不気味な感じで、大人なのに情けないと言われそうですが、チョイと怖い気もするのです。

大人の私でさえ(私だけ?)不気味だと思っているのですから、さぞかし子供も怖がっていると思いきや、怖がって大泣きしている子供がいる一方、平気な顔をしている子供も・・・。

いずれにせよ、私はこの人形が苦手です。あまり直視しないよう気を付けながら、ナッツブースに入ります。

東京キャンピングカーショー2017

今回も『NUTS CAFE(ナッツカフェ)』がありました。以前はディスプレイだけの展示でしたが、今回は何か出している模様。 ナッツカフェの前ではお姉さんがキャンピングカーのカタログを配っていました。

東京キャンピングカーショー2017

『NEWモデル』とデカデカと書かれたセミフルコンが展示してありました。『BORDER EVOLUTION(ボーダーエボリューション)』という車名みたい。

東京キャンピングカーショー2017

新型のコースターをベース車両にしているようで、サイドパネルと運転席側ドアのつながりもデザイン的にスムーズ。バンクベッドを持つスタイルの、かなりカッコいいセミフルコンとなっています。

東京キャンピングカーショー2017

リアビューの様子。

東京キャンピングカーショー2017

テールランプの形状が何というか近未来的で、非常に斬新なデザインだと感じました。個性的で一目で『あのキャンピングカーだ!』と分かるようなデザインには唸らされます。

東京キャンピングカーショー2017

最後部には常設ベッドでしょうか?ウッドスプリングの姿が見え、その下はお約束の巨大な収納スペース。

テールランプがイケてますね。

東京キャンピングカーショー2017

もう一度拡大してみました。点灯しているところを夜に見てみたいものです。

東京キャンピングカーショー2017

価格は1,226万円(税別)で、とてもとても一般庶民が購入できるようなお値段ではありません。「いつかは」と思っていても「いつまでも」買えるキャンピングカーではありません(笑)。

東京キャンピングカーショー2017

6台限定ということなので、「お金持ちで迫力ある国産ベース車両の高級・高品質キャンピングカーが欲しいかたはどうぞ~」という感じ。

今回は内装レイアウトや内装の写真はありません。是非見学させて頂き、中をレポートしたかったのですが、丁度商談中のようなお客様が長時間見学をしており、見ることができませんでした。

まぁ、見学させて頂いてもとても購入することなど出来ないため、購入できる方が優先なのは当然ですから、また次回のお楽しみということで・・・。

東京キャンピングカーショー2017

近くではキャンピングカーのナッツ独自の電装システムについての説明が行われていました。このナッツというキャンピングカービルダーは、本当に革新的で先進的なキャンピングカーを開発する意欲に満ち溢れていると感じる展示内容でした。

関連記事

ページ上部へ戻る