ジャパンキャンピングカーショー2018【その07】日産の大容量リチウムイオン電池搭載NV350キャラバンバンコンの完成はいつ?

今回は2018年2月4日(日曜日)に幕張メッセで開催された、『ジャパンキャンピングカーショー2018』をキャンピングカーで見に行った時の様子をご紹介。

ジャパンキャンピングカーショー2018

今年も日産自動車はキャンピングカーショーにブースを出展。NV350キャラバンベースのバンコンを展示。

ジャパンキャンピングカーショー2018

2017年のジャパンキャンピングカーショーにも同じ車両を展示しており、まだ開発途中のようで、プライスも付いていません。やはり乗用車と違い、キャンピングカーは特殊で採算ベースに乗せるのが難しいのか、開発はスローペースですね。

ジャパンキャンピングカーショー2018

大容量リチウムイオン電池のコンセプトも良いと思いますが、実際に使用してみなければ良し悪しも分からないため、市場投入が待たれるところ。

ジャパンキャンピングカーショー2018

インターネットの情報によると、2018年の秋頃にディーゼルエンジン4WD/ATをベース車両とし、大容量リチウムイオン電池を積んで日産ピーズクラフトから販売される模様。

ただ、価格が1,000万円程になるという話のため、多分買う(買える)人はごく僅かかと・・・。昔の液晶テレビのように4~5年で半額程になれば良いのですが、それでも500万円のバンコンとなれば、なかなか手が出せないのも事実。

ジャパンキャンピングカーショー2018

ベース車両もさることながら、リチウムイオン電池の価格がもっと下がらなければ、リチウムイオン電池搭載のキャンピングカー市場もそれ程盛り上がらないと思いますね。

ジャパンキャンピングカーショー2018

参考価格の表記もありません。

ジャパンキャンピングカーショー2018

コンセプトは悪くないと思うのですが・・・。

ジャパンキャンピングカーショー2018

ペットケアの方達が集まって何やら相談中。ペットキャリーに愛犬を乗せて会場内を見学している方も多いため、それ程粗相で汚れてしまうということはなさそうです。

実際カーペットが汚れている現場を私は目にすることはありませんでした。もしかしたらペットケア隊の皆さんがキレイにしてくれているおかげかもしれませんが・・・。

ジャパンキャンピングカーショー2018

2018年の秋頃ということなので、2019年のジャパンキャンピングカーショーにおいて、日産ピーズクラフトのコーナーでお披露目される実車を楽しみにすることにしましょう。

ジャパンキャンピングカーショー2018

もしかしたら内装も今のままではなく、少し変えてくるかもしれず、それもまた楽しみなところではあります。いずれにせよ、大容量リチウムイオン電池を実際に搭載したキャンピングカーで、新たな世界を見せてくれることに期待をしています。

関連記事

ページ上部へ戻る