お台場キャンピングカーショー2019に行ってきた『マルチシェードの進化版を装備したキャンピングカー』

今回は2019年10月5日(土曜日)に開催された、お台場キャンピングカーショーに行ってきた様子をご紹介。

お台場キャンピングカーショー

何やら200系ハイエースの運転席側にブラインドのようなモノが装備されているキャンピングカーを発見。

お台場キャンピングカーショー

正面から見てみても同じようなブラインドが装備されており、超が付く高級輸入キャンピングカーにも同様の装備が付いていた記憶があります。

今まで窓を覆う装備としては、銀色のマルチシェードというモノが一般的で、私も一時ジル用に所有していたことがあります。

あまり使わない上に、毎回取り付けるのが面倒になり、処分したのですが、このように初めから装備されているものであれば使い勝手が良さそう。

断熱性についてはよく分かりませんが、プライバシー保護カーテンとしては利便性が有りそうな感じ。

お台場キャンピングカーショー

装備しているキャンピングカーは、セキソーボディのトム200という200系ハイエースのボディーカットキャブコン。

お台場キャンピングカーショー

ダイネット部分はセカンドシートがFASPのシートを採用し、前向きに展開できる仕様。サードシートは固定式で、スライドしてベッドになるように金具が付いている模様。

販売車両のため、『お子さまは入れません』という表記があり、生産台数が少ないキャンピングカーは展示車両と言えども立派な販売商品となるため、事情を知らない子供が車内に入り、汚れや傷を付けられる訳にはいきません。

他のブースの展示しているキャンピングカーの中にも子供が入ることができるキャンピングカーがありますが、基本的に大人と一緒でなければ入ることは出来ません。

小さな子供を連れてキャンピングカーショーを見に行く親は、上記のようなキャンピングカービルダーの事情を理解し、『もしこの展示車両を自分が購入することになったら』という気持ちで見て頂きたいと思うものです。

お台場キャンピングカーショー

全長5m未満の200系ハイエースのボディーカットキャブコンですが、最後部に常設二段ベッドが装備され、さらにサードシートと二段ベッドの間にフリールームがある欲張り仕様。

フリールームは一見狭そうに見えますが、手前に部屋を引き出すことができ、87cm×60cmのトイレルームにもなる模様。緊急用としてポータブルトイレを置いておき、使用すうる時だけ部屋を伸ばし、使用することが可能。

こうすれば狭くなりがちな居住空間を有効利用できそう。私のキャンピングカージルもトイレは大活躍。花火大会の時や釣りの前泊時においてもトイレは非常に重宝しているため、次のキャンピングカーでもトイレは必須条件となっています。

きちんとしたトイレルームが欲しいがために次期キャンピングカーもキャブコンにしようと考えていますが、このような伸縮するトイレルームであれば、200系ハイエース等のバンコンでも可能性があるのではないかと思えますね。

お台場キャンピングカーショー

ダイネット部分の上部には吊戸棚も装備。全体的に白や淡い色のファブリックや家具を採用し、車内が明るく見えます。

お台場キャンピングカーショー

車内から見たシェードの様子。きちんと外からの目線を遮断している様子が見てとれます。

お台場キャンピングカーショー

外観から想像するにバンクベッドを持たないキャンピングカーかと思いきや、床板が80cmスライドし、190cm×130cmの大人2名が就寝可能なバンクベッドが装備されていました。

お台場キャンピングカーショー

ダイネット部分の窓側に見えるステーはセカンドシートを前向き展開した時のシートベルト用アンカーなのでしょうか?窓を横切るような形で設置されており、邪魔になりそうですが、法改正により取り付けざるを得なくなったが故の苦肉の策といったところか。

お台場キャンピングカーショー

エントランスドア脇にはシンクを装備。常設のコンロが見当たらないところを見れば、コンロはカセットコンロを使用する模様。

私はキャブコンでも常設コンロは不要だと思っているため、カセットコンロだけでも十分ですね。

お台場キャンピングカーショー

外観はバンクベッドがあるにも関わらずスッキリとした印象。ベース車両と居住スペースとの段差もうまく処理されており、違和感を感じない仕上げ。

さすがトヨタのキャンピングカー専用シャーシである、カムロードベースでも同様のキャンピングカーを作成していたセキソーボディらしい一台となっています。

お台場キャンピングカーショー

この辺りはフジテレビのビルをバックにバンコンがずらりと並んでいます。良いお天気の中、もう少しお台場キャンピングカーショー会場内を散策します。

キャンピングカー関連ブログはコチラ(日本ブログ村)

アウトドア関連ブログはコチラ(日本ブログ村)

関連ブログランキングに参加しています。

関連記事

ページ上部へ戻る