第16回 神奈川キャンピングカーフェアへ行ってきました【その06】

今回は2016年9月24日(土曜日)に神奈川の川崎競馬場で開催された『第16回 神奈川キャンピングカーフェア』を見に行った時の様子をご紹介。

神奈川キャンピングカーフェア

カスタムセレクトというキャンピングカービルダーのブース。いつもは200系ハイエースのバンコンを持ち込んで来ているビルダーですが、今回は軽ワゴン車をベース車両にした軽キャンピングカーを展示。

神奈川キャンピングカーフェア

最後部に小さなシンクと収納、12Vの電子レンジを装備するスタイルは各キャンピングカービルダー共通のレイアウト。前方にこれらの装備品を装備できない都合上、この位置になるのはある程度仕方のないことなのでしょう。

神奈川キャンピングカーフェア

ただ、カスタムセレクトの200系ハイエース同様、排水タンクは車両の腹下に設置しているようで、ここは他社の軽キャンピングカーと少し違うところ。

軽キャンピングカーなので12Lと容量は少ないですが、給水タンク容量も小さいため、これで十分かと。

神奈川キャンピングカーフェア

運転席・助手席の上までベッドマットを持ってくる手法も他のキャンピングカービルダー同様。やはり運転席・助手席上のスペースまで目一杯使うことで就寝スペースを確保しなければ、軽キャンピングカー内で快適に眠ることは難しいのでしょうか。そんなことを思わせる光景です。

神奈川キャンピングカーフェア

就寝スペースの様子。最後部の収納スペースには、FFヒーター、給水タンク、サブバッテリーなどが入っているということで、この狭い車内であればFFヒーターは暑い位に効きそう。周りを鉄板で覆われている軽ワゴン車でも、真冬に寒い思いをしなくて済みそうです。

神奈川キャンピングカーフェア

純正シートの姿も見えることから、車中泊をしない普段は普通の軽ワゴン車として使用することもできる模様。この辺りの造りも他のキャンピングカービルダー同様、あえて純正シートを残した造りとしています。

神奈川キャンピングカーフェア

天井にフリップダウンモニターを装備。画面の位置が逆のような気がするのですが、寝転がって見ることを想定してのことでしょうか。この部分は聞かなかったので、謎が残ります。

神奈川キャンピングカーフェア

価格は何もオプションの付いていない150万円台から、オプション付きの269万円という感じで、100万円程の差があります。とりあえず寝るだけでいいのであれば、150万円から始めてみるのも良いかも知れません。

乗車定員4名、就寝定員4名(オプションベッドキット選択時)ということで、軽ワゴン車の中で4名就寝というやや無謀なこともできる模様。

ここに4人が寝るのは非常にキツイと思われますが、1泊位であれば何とかなるのでしょうか?キャブコンでも4人で寝るのはそれなりに荷物を片付け、就寝スペースを確保しなければならないのに、軽キャンピングカーでその就寝スペースを確保するのは一苦労しそう。

まぁ、参考値ということで、通常は1~2名で車中泊に使うのがストレスなく過ごせる限界かと。

神奈川キャンピングカーフェア

あ、この写真にあるように、ルーフテントを装備すれば4名乗車、4名就寝が無理なく実現できそうで、いま流行っているルーフテントを導入するという手もありますね。

ちなみにコレは『月間新潟こまち6月号』という雑誌に掲載された時の記事みたい。ママ二人で子供をそれぞれ連れてキャンプに行った時の様子を紹介していました。

神奈川キャンピングカーフェア

超軽量フレキシブルベッドマットを採用することで、女性でも扱いやすい構造にしているとのこと。さらに先程疑問に思っていたフリップダウンモニターについては、本体が180°回転することにより、車内・車外どちらからでも視聴できるようになっているとのこと。

神奈川キャンピングカーフェア

ベッドマットの支柱は高さを細かく変えることができるようで、4名就寝時の頭上スペースをある程度自由に調整することが可能。

神奈川キャンピングカーフェア

窓には網戸も装備可能。涼しい季節には網戸にして車内で就寝するのも気持ち良さそう。このキャンピングカー内に自然の風を通しながら寝るというのは非常に贅沢なもの。私も時々霞ヶ浦の湖畔でキャンピングカーの窓を網戸にして昼寝をすることがありますが、ことのほか気持ちの良いもの。

夕方から心地よく寝てしまい、起きたら夜のいい時間になっていた、ということもしばしば。キャンピングカー内で寝るのは本当に心地の良いもので、それを実現するためには網戸は必須のアイテムだと思うところ。

神奈川キャンピングカーフェア

運転席・助手席の頭上付近には小物入れも装備。このようなちょっとした気遣いは、収納スペースが少ない軽キャンピングカーには有り難いもの。

神奈川キャンピングカーフェア

ベッドマットは100kgの耐加重があるみたい。助手席のシートがここまでキレイに倒れると、使い勝手がいいですね。

神奈川キャンピングカーフェア

ベース車両は日産のクリッパー。

神奈川キャンピングカーフェア

もちろん日産で製造している訳ではなく、スズキ・エブリイワゴンのOEM車種という位置づけで販売している車両。まぁ、そんなことはどちらでもいいのですが、最近の軽ワゴン車はなかなかカッコいいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る