道の駅伊東マリンタウンで風呂に入り、飲んで食べて車中泊・・・

さて、伊豆高原体験の里でのソバ打ち体験&食事が完了し、そこそこいい時間16:00~になってきました。ただ、真夏なのでまだまだ太陽は空高く昇っているため、どこかの海岸で子供達を遊ばせようかと思い移動をすることになりました。

CIMG2843

駐車場で見掛けたのですが、今は伊豆ナンバーというものがあるのですね。

CIMG3869

先日は富士山ナンバーなるものも発見し、富士山って山梨と静岡にまたがっているので、どちらの県なのか分からないと思いました。と思っていたら、やはりヤフー知恵袋で質問をした方がいるようで、その回答は以下の通りでした。

富士山ナンバーの識別は次のとおり。

・通常   山梨( X00~X02)   静岡( X03~X09)
・軽自動車 山梨( X80)     静岡(X81・X82)
・希望ナンバー 山梨(X10~X39) 静岡( X40~X98)
・軽自動車の希望ナンバー 山梨( X83~X87)
静岡( X88~X98)

その他には、

登録車の場合は、封印の文字を確認するのが一番確実で、静岡県なら「静」、山梨県なら「山梨」が刻印されています。

ということで、富士山ナンバーについては氷解。伊豆ナンバーはやはりこの伊豆半島しか考えられないので、こちらはいいかと思いますが、ナンバープレートの漢字ってそんなにこだわる必要があるのかと、全く希望ナンバーや漢字にこだわりのない私は思ってしまうもの。

あまり縁起の悪い数字以外であれば、何だって良さそうなものですがね・・・。

キャンピングカーではよく、『888』などが好まれるようですが、やはりこれは8ナンバーに関連した数字が欲しいということでしょうか?現在は、余程古いキャンピングカーや特殊車両でもない限り、『県名88』というものはなく、『県名800』や『県名801』などに変更されているため、あえて二桁のナンバーを取得しようとあの手この手でこだわっている人もいるようですが・・・。

CIMG2851

などと余計なことを考えながらも車は進み、上の写真は今日伊豆高原体験の里に来る前に撮影した大室山ですが、緑と空のコントラストがキレイですね。

CIMG2861

子供達を水遊びさせてあげようと、伊豆海洋公園の磯プール(海水)も検討しましたが、駐車場が1,000円と有料なのは、この時間からだと勿体無いということで、またフラフラとさまよいます。

CIMG2858

今日はソバ打ち体験以外は全体的にノーアイデア的なプランになっているため、思いつくままにキャンピングカーを転がしていきます。

CIMG2871

「おっ、海が見えてきた」と、思ったのですが、水遊びできるような海岸はなく、あっても駐車場が有料で、この時間からはお金を払ってまで駐車したくはありません。

CIMG2884

で、流れに流れて辿りついたのが、『道の駅伊東マリンタウン』の駐車場。なんとなく日も傾いてきたことと、海遊びはこの時間からはいいやということで、今日はこの道の駅で車中泊することに。幸いにも食事をする場所や温泉もあるらしいので、奥様方の希望も満たせるため、丁度いい道の駅です。

早速子供達と道の駅内を散策します。日中は猛暑でしたが、海辺の施設のため海風が気持ちよく、船なども停泊しており、遊ぶところはありませんが、しばしのんびりすることにしました。思えば今日は朝それなりに早く家を出てきて、途中高速道路の降り口を間違えて沼津まで行った上、伊豆半島を縦断した後にソバ打ち体験をしたという、かなりハードな一日で、かなり疲れていると今更ながらに気が付きました。

CIMG2897

そう思いながらマリーナを散策していると、「おっ!バナナボートがあるじゃない!いいなぁ~、ここはやはりマリンタウンなんだ~」と思ってしまいます。ただこのバナナボート、一時期私達のジェットスキー仲間の間で共同購入したことがあったのですが、ジェットスキーでバナナボートを牽く人によってはかなりデンジャラスな乗り物。

というのも、波のある海で高速で引っ張られている時にバランスを崩して海中に投げ出されようものなら、一緒に乗っている仲間とぶつかったりして、海パンにライフジャケットという軽装で乗っていれば、体に青アザができる程。

当然女の子が乗っている時もお構いなしの高速曳航で、野郎だけの時は更に尋常ではないスピードで牽き回され、絶叫マシンの非ではない恐怖が襲ったものです。「あの頃はみんな若かったな・・・」と、バナナボートを見て昔を思い出した中年オヤジでした。

CIMG2908

そうこうしているうちに日暮れが近付き、とりあえず風呂にでも入ってサッパリしようということで、海が見える立ち寄り天然温泉『シーサイドスパ』に入ることに。

CIMG2916

18:00以降は大人(中学生以上)860円、子供(3才以上)430円と微妙な価格で、高くもなければ安くもないといったところ。

CIMG2931

その風呂に行く途中、手づくりクッキー工房『べるじゅ』なるお店があり、クッキーシュー1個が確か64円だったと思いますが、その安さにつられて子供達が食べたいと騒ぐので、私も含めていくつか購入することに・・・。

思わぬ隠れトラップにハマった感もありますが、クッキーシューは確かにおいしく、小さいけれど1個64円というお財布に優しい価格に「まぁいいか」という気持になります。クッキーだけに「サクッ」と食べて風呂に入りました。

CIMG2914

風呂はどこにでもあるような温泉で、特にこれといった特徴はありませんが、とにかく一日の汚れを落とせてサッパリしました。

CIMG2908

次はご飯なのですが、散策や風呂でゆっくりし過ぎたため、道の駅伊東マリンタウン内の飲食店は閉まってしまいました。仕方がないので、道を挟んだところにある『はま寿司』という回転寿司のお店に行くことに。

いわゆる100円寿司のお店で、たまに行くちょっと高級な寿司屋さんだと、最近は諭吉様が一人お財布からお出掛けになる程食べられてしまうので、くしくも先ほどのクッキーシューに続いてお財布に優しいお店の利用となりました。

2961979

100円寿司ですから、味は期待していませんでしたが、その通りで、それ程美味しいという訳ではなく『とりあえず寿司を食べた』という感じ。ただ、この手の寿司屋さんで堪能できるのが『スイーツ』。甘いものが好きな私は、モンブラン系のケーキが200円ということにかこつけ、お寿司を食べてビールを飲みながら、ケーキを2個も食べてしまいました。

なんだかんだと家族で食べまくりましたが、支払いは5,000円程と、やっぱりお財布に優しいお店でした。

CIMG2876

ビールも飲んでいい気持になり、あとはキャンピングカーの中で寝るだけです。ただ、外を吹く風はまぁまぁ涼しいのですが、車内はエンジンルームから上がってきた熱気がこもり、かなり蒸し暑い状態。

CIMG2932

「う~ん」と思いながら、キャンピングカーのエンジンを掛け、エアコンを作動させます。駐車している場所は国道寄りの端っこの方だし、周りに車もそれ程いないため、今夜はエコに反してアイドリングで就寝することにします。

バンクベッドを準備してから、歯を磨こうと思ったのですが、1階(ダイネット部分)が混雑していたので、少し横になっていたらそのまま寝てしまったらしく、目が覚めたのは午前3時。

CIMG2912

エアコンつけっ放しの車内は寒い位に冷えていたため、エンジンを切って再度寝ることにしました。で、次に起きたのが朝の7時、久しぶりにバンクベッドで熟睡でき、疲れもスッキリ。

CIMG2940

友人のピックアップキャビンも、発電機を作動させてエアコンを動かして寝ていたようです。さて、今日は伊豆半島の沖に浮かぶ『初島』へ行く予定。お目当ては、初島にある『サルトビ』という体験型アトラクション。

今日も暑くなりそうです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る