キャンピングカーで秩父方面へお出掛け『長瀞ラインくだりを堪能』

今回は、キャンピングカーで埼玉県の秩父方面へお出掛けした時の様子をご紹介。

長瀞駅

阿佐美冷蔵さんで美味しい天然氷のかき氷を堪能した後、向かった先はコチラ。

長瀞駅

秩父鉄道の長瀞駅です。大きな鳥居があり、この奥に駅はあるみたい。

長瀞駅

駅前の商店街というか、おみやげ物屋さんの前を通ります。踏み切りの向こうから車や人が次々と出てくるため、タイミングを見計らって踏み切り内に進入しなければなりません。

長瀞駅

何とか踏み切りを通り抜け、到着したのは長瀞駅のすぐ隣にある駐車場。

長瀞駅

こんな感じで多くの車が駐車しています。長瀞駅自体もそれ程大きくはありませんが、ここにはパレオエクスプレスという、蒸気機関車(SL)が停車する駅となっています。

一日一往復しかしない臨時列車(汽車)のため、時間を合わせて見に来なければ見ることはできません。後から知ったのですが、午前11:26分頃にこの場所に蒸気機関車(SL)が来ることになっていたようで、もう30分程待てば見ることができたみたい・・・。

蒸気機関車(SL)に関しては、事前に調べていた訳ではなく、少々情報収集不足でした。ただ、また次に秩父に遊びに来た時に見るという楽しみとして取っておきましょう。

長瀞駅

駅周辺の観光スポットへの所要時間を書いたボードが掲示されていました。これはなかなか親切。おおよその目安が分かれば、計画的な行動ができますね。

長瀞駅

駐車場のスペースは十分で、目一杯後ろにキャンピングカーを下げると、他の車より引っ込んでしまうような状態。国産5×2サイズのキャブコンであれば、全く問題無く駐車可能。

ちなみにこれから向かう長瀞ライン下りを利用する方限定の駐車場で、料金は無料です。

長瀞ラインくだり

ということで、早速長瀞ライン下りのチケット売り場へ。

このライン下り、長瀞には3社のライン下り会社があり、結構紛らわしい感じがします。

・「長瀞ラインくだり」
・「長瀞船下り」
・「荒川ライン下り」

上記の3社があり、場所も比較的近くにあるため、お間違えの無いよう・・・。

長瀞ラインくだり

ということで、私達が利用したのは、秩父鉄道が経営する、「長瀞ラインくだり」。

長瀞ラインくだり

荒川へ向かう道の脇にはおみやげ物屋さんや食事所が並んでいました。

長瀞ラインくだり

そんな中、何故かガレットのお店があったりして・・・。

長瀞ラインくだり

5分程歩くと荒川の河川敷に到着。ここから「長瀞ラインくだり」の船に乗ります。

長瀞ラインくだり

乗り場はコチラのよう。

長瀞ラインくだり

今日は良いお天気で風も穏やか。満員の乗客を乗せて「長瀞ラインくだり」の船が出発。

長瀞ラインくだり

大きな岩が両岸に並び、自然の造形美を堪能させてくれます。

長瀞ラインくだり

岸には天皇陛下が宿泊したとされるホテルの姿も。

長瀞ラインくだり

こちらは別のラインくだり会社の船乗り場となっており、水がキレイ。手を水に浸けてみると思いの外冷たい水で、まだまだ水遊びには早い様子。

長瀞ラインくだり

少し流れの速い場所に差し掛かりました。船に取り付けてあるビニールシートを少し掛けておかなければ、水を被る場面も少々ありました。

ただ、ラフティングのような激しさはなく、小さなお子さんでも怖さはないと思われます。

長瀞ラインくだり

右の岸辺にはキャンプ場があり、テントが張られていました。キャンプをするには最適な季節が到来していると感じる光景。実際、夜は少し肌寒い位の気温になるため、寝苦しい思いをしなくて済む今の季節がキャンプのベストシーズンだと思います。

長瀞ラインくだり

途中には岩と船べりがスレスレの場面もあり、「ぶつかるぅ~」と思ってしまうような場所ですが、船底を擦ることもなく、船を操る船頭さんの操船技術には関心してしまいました。

長瀞ラインくだり

新緑とキレイな水の光景が気持ちの良い「長瀞ラインくだり」です。

長瀞ラインくだり

コレは『カエル』に見える岩ということで、なるほど、そう言われればそう見えないこともないかも・・・。

長瀞ラインくだり

という感じで、20分程の「長瀞ラインくだり」もゴール地点へ。ここからマイクロバスに乗り、長瀞駅まで送ってくれるというサービス付き。

長瀞ラインくだり

ところで船はどうするのかと言えば・・・。

こんな感じでクレーンで吊り上げ、トラックの荷台に乗せ・・・

長瀞ラインくだり

4隻程重ねてトラックで出発場所まで運搬している模様。昔は人力で川沿いの道を『川下り』ならぬ『川上り』していたらしく、大変な苦労があったと思われます。

長瀞ラインくだり

帰りに見たトレーラーハウスが並ぶキャンプ場。よく見えませんが、かなりの規模のトレーラーハウスのキャンプ場で、名前は『フォレストサンズ長瀞』というキャンプ場。

少しホームページを見てみましたが、かなり人気のキャンプ場のようで、2017年8月の予約がほぼ全て埋まっていたのには驚きました。

面白そうですが、簡単には利用できなさそうです・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る