キャンピングカーで秩父方面へお出掛け『お豆ふ処 うめだ屋』さんで春のおとうふランチの昼食

今回は、キャンピングカーで埼玉県の秩父方面へお出掛けした時の様子をご紹介。

お豆ふ処 うめだ屋

長瀞で荒川ラインくだりを堪能し、次に向かったのはこのお店。

秩父界隈では『とうふ料理』で有名な『お豆ふ処 うめだ屋』というとうふ料理のお店。訪問したのが12:30分頃と、ちょうどお昼時間と重なり、駐車場はかなりの混雑ぶり。

お豆ふ処 うめだ屋

苦労しながら空いているスペースに無理矢理キャンピングカーを駐車。かなり前方にはみ出していますが、キャンピングカーのちょうど真後ろに小さな物置のようなものがあり、これ以上下がれませんでした。

お豆ふ処 うめだ屋

ランチタイムのため『春のおとうふランチ1,300円』を食べることに。

お豆ふ処 うめだ屋

こんな感じでキャンピングカーが頭ひとつ抜きん出ています。ただ、後から知ったのですが、道を挟んで反対側にも第二駐車場があり、そこであれば苦労せずに駐車できたみたい・・・。

チョイと迷惑かもしれませんが、ご飯を食べたら出庫しますので、しばしの辛抱をお願いする次第です。

お豆ふ処 うめだ屋

この『お豆ふ処 うめだ屋』さん、古民家を再生してお店にしたような外観で、左端のスペースではドーナツなども販売。

お豆ふ処 うめだ屋

少し待って座敷に案内されました。雰囲気としては、昔子供の頃に行った田舎の祖父母の家のよう。開放的な空間で、懐かしい感じがしました。

『夏のおとうふランチ』のお品書きは・・・

・秩父在来大豆「白光(はっこう)」なめらかどうふ
・滝川どうふ
・惣菜三品(おからサラダ、マリネ、塩麹きゅうり)
・湯葉
・十五穀米ごはん
・なめこの味噌汁
・しぼりたて豆乳
・自家製お新香

という内容。

お豆ふ処 うめだ屋

座席はほぼ満席。それでも開放的な空間のおかげか、それ程賑やかという訳ではなく、ゆったりと時間が流れている感じがしました。

お豆ふ処 うめだ屋

座敷の奥には服や雑貨などを販売しているコーナーも。

お豆ふ処 うめだ屋

従業員さんが着ている、『102(とうふ)』Tシャツも販売していました。

お豆ふ処 うめだ屋

そうこうしているうちにお料理が運ばれてきました。従業員さんの説明を受けた後、早速食べてみることに。

新鮮だったのが、おからサラダ。ドレッシング風味の味付けがされたおからを食べたのは初めてで、今まで食べたことのないおからの味付けに、「おからもこんな風に味付けすると美味しいかも~」と、思ってしまいました。

肝心のお豆腐自体は可もなく不可もなくと言った感じで、「まぁ、こんなものかな?」といった感じ。ただ、『しぼりたて豆乳』は濃厚で味わい豊かでした。

お豆ふ処 うめだ屋

コレはトイレの扉。

お豆ふ処 うめだ屋

内側のカギはレトロな感じのカンヌキ式で、昔田舎の祖父母の家のトイレもこんな感じのカギがありました。

お豆ふ処 うめだ屋

時刻は14:00過ぎ。この時間帯になるとさすがに店内は空いてきて、この時間帯までがやはり混雑する時間帯のよう。

お豆ふ処 うめだ屋

ランチタイムも14:00までということなので、やはり皆さんその時間帯を目がけて来るため、混雑するのは仕方のないところ。

秩父 キャンピングカー

お腹も一杯になり、少し散策。

秩父 キャンピングカー

道の駅にも少し寄ってみました。

秩父温泉 満願の湯

やや早い時間帯に『秩父温泉 満願の湯』という日帰り温泉に寄り、サッパリしました。

秩父 キャンピングカー

帰り道に見た不思議な山。ピラミッドのような形に削り出されており、何のためにこのような形をしているのか、少々謎の山です。

秩父 キャンピングカー

次回はSLを見たり、宝登山神社や荒川でカヌー等も漕いでみたいと思いながら、秩父を後にしました。真夏に川遊びに再び来てみようかと思わせる場所もいくつかあり、秩父も再訪必須の場所となりました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る