キャンピングカーで土浦花火大会を見に行きました

今回は2017年10月7日(土曜日)に茨城県土浦市で開催された、土浦花火大会へキャンピングカーで行った時の様子をご紹介。

土浦花火大会

10月に入ってから、雨の日が多く、土浦花火大会の当日も早朝から雨模様。ただ、天気予報(予想?)ではお昼頃には雨は上がり、花火が始まる夕方頃は雨は降らないという見込み。

土浦花火大会

それを信じてキャンピングカーを土浦花火大会の会場付近である、土浦市へ向けて走らせる私。右側に見えるのは、ネッツトヨタのショールームで、車を縦に展示している様子。

夜間だとイルミネーションに彩られており、キレイなのですが、早朝の時間帯は消灯しており、何だかよくわかりませんね。

いつの日かキレイに撮影できるよう、どうにかしたいものです。

土浦花火大会

全然関係ありませんが、途中見掛けたファミリーマートのアウトドアイートインスペース。小さなオーニングが設置され、お天気の良い時は気持ちよさそう。最近のコンビニはイートインスペースを充実させていると聞き、コレもその流れに乗ったものかと・・・。

土浦花火大会

いきなり土浦花火大会の会場近くまで到着していますが、キャンピングカーの姿もチラホラ。

土浦花火大会

午後1時頃になると、雲の合い間から青空も見えるようになり、今回の天気予報(予想?)はとりあえず当たったみたい。これまで何回も言っていますが、翌日の天気予報も外れる位なので、週間天気予報などは冗談としか思っておらず、基本的には天気予報を私は信じていません。

土浦花火大会

土浦花火大会の会場付近を散策します。

土浦花火大会

この日はパトカーや白バイが土浦花火大会の会場付近には沢山出動しており、路上駐車等を厳しく取り締まっています。

土浦花火大会

ココは土浦花火大会の会場付近のセブンイレブン。駐車場には仮設トイレも設置済。

土浦花火大会

ゴミ箱もイベントモードで増量してありました。おそらくこれでも足りない位に人が来て、沢山のゴミが出ると思われます。

土浦花火大会

ここでもパトカーがパトロール中。白バイも頻繁に見掛けるため、うっかり駐車もできませんね。

土浦花火大会

ココは土浦花火大会の会場付近の臨時駐車場。『予約専用』とあり、事前に予約をしておいた車両だけが駐車できるようになっています。

土浦花火大会

こんな感じで名前とナンバープレート、車種を記載した紙が掲示してあり、自分の区画番号が分かるようになっていました。全部で40区画あり、料金は書いていませんでしたが、2,000円位なのでしょうか?

土浦花火大会

先程の駐車場近くにあったコチラは別の駐車場。2,000円という駐車料金になっています。

2,000~3,000円程が駐車場の相場なのかもしれませんね。

土浦花火大会

パトカーから警察官の方が降り、何やら声を掛けている様子。

土浦花火大会

コチラはツアーの集団だと思われますが、ゾロゾロと土浦花火大会の会場を目指して歩いていっています。

土浦花火大会

土浦花火大会の会場付近の公園で見る人もいるようで、テーブルや椅子を準備し、ちょっとしたピクニックのよう。

土浦花火大会

空が暗くなり、お月様が雲の切れ間からエキゾチックな感じで現れました。

土浦花火大会

花火は今年も例年通りにキレイで大迫力。コンパクトデジカメではうまく撮影できず、これが限界。

土浦花火大会

まぁ、花火はカメラの液晶パネル越しではなく、自分の目でしっかりと見て、脳裏に焼き付けるのが一番ですね。

土浦花火大会

月が高く上り、キレイな満月も見ることができました。

土浦花火大会

今年も土浦花火大会を無事に見ることができ、良かった良かったと言いながら、帰路につく私達でした。来年もまた見に行けるよう、お仕事も遊びも頑張らなくちゃと思いました。

と、まぁ、小学生の日記ような感じの文章になってしまいましたが、相変わらず市長が協賛している花火の迫力は凄まじく、毎回「アレはフィナーレにするべきだよね」という感想もいつも通りでした・・・。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る