千葉ポートタワー脇にあるジェットスキーはフライボードの体験教室で使われているものでした・・・

スタンダードプードル君もフリスビーを追っています。ただこのスタンダードプードル君、あまりフリスビーには興味がないようで、時々「プイッ」とそっぽを向いてどこかへ行こうとしてしまいます。

PB090174

これには飼い主さんも苦笑いで、「ちょっと~」という感じでスタンダードプードル君と接していました。それがまた楽しそうで、犬との時間を目一杯満喫しているようでちょっと羨ましいと思った次第。

PB090185

それではいよいよ千葉市のポートタワー脇に置いてあるジェットスキーの謎を解くことにしましょう。コンテナに近付いていってみると、なにやらウエットスーツなどを干しているようで、「ん、ココで誰か住んでいるのか?」と思ってしまいます。

PB090187

さらに近付いていってみると、ウェイクボードのようなものがイスの上に置いてあり「ん、ウェイクボードのスクールか?」と思いつつ見てみます。その脇にはヘルメットの姿も見えます。

PB090191

コンテナに貼り付けてあったチラシを見て全てが分かりました。千葉みなとFLYBOARDと書かれていて、つい最近までグーグルのCMでも流れていた、フライボードというマリンスポーツの体験場のようです。完全予約制で、土日祝日のみの開催のようで、「オッ、こんな近くでフライボードが体験できる場所があるのね」と、以前から体験してみたいと思っていた私は、「いいねぇ~」と思ってしまいました。

ただ、この写真のように浮かび上がるまではある程度の練習も必要で、確かテレビでも芸能人が挑戦してかなり『アカンこと』になっていたような・・・。ウェイクボードはすぐに出来るようになったのですが、フライボードはまた全然違う感覚なのではないかと思います。この千葉ポートタワーのフライボード、お1人様¥5,500円~(保険込)ということで、安いのではないかと思います。ただ、『~』という記述が気になり、ちょっと調べてみました。

●フライボード開催
未体験のスリルと興奮!! FLY BOARD
11月~2月の日・祝日 
10:00~17:00(お好きな1時間)
持ち物:水着、着替え、タオルなど
*ウエットスーツレンタルあります。1回1,000円
受付:千葉ポートタワー
料金:お一人様5,000円 保険加入別途500円
予約受付:千葉ポートタワー
043-241-0125

千葉ポートタワーのイベント情報にはこのような形で情報が掲載されていて、おそらくウエットスーツなどをレンタルした場合には別途料金がかかるため、『~』という表記になっているようです。

PB090199

実際に近くでフライボードの器具を見てみました。ボートショーなどに出品されていたのを見たことがありますが、構造としてはウェイクボードの板の下に水流を噴射する器具が付いているという単純な構造。

PB090198

「こ、これなら自分でも作れるかもしれないな」と思ったりもしますが、ジェットスキーとの接続部分や、フライボードとの接続部分、さらにホースにも凄まじい水圧がかかるため、その接続部分の強度とホースの強度が重要なのではないかと・・・。自分の思いつく部材を考えてみても、そこまでの力に耐えるものではなさそうです。

しかしこのフライボードの価格は約100万円。それを考えれば私の中の妄想部隊の考える部材代だけでDIYした場合、10万円も掛からないはず。ただ、先ほど言った通り、強度の確保が出来なければ10万円の部材がただのゴミになってしまう可能性もあるため、悩むところです。

PB090201

そんな毎週フライボードをするわけではないため、「素直に5,500円を払って体験した方が良さそうだな」というのが結論かな。

PB090205

PB090206

使用するジェットスキーはヤマハとシードゥーの2艇のようです。

PB090238

すぐこの先は海岸になっているため、そこまで車でジェットスキーを牽引していき、その海岸でフライボード体験ができるようです。その海岸がコレ。ポートタワー脇につくられた人工海岸と、千葉ポートパークがこの辺りのメイン散策スポット。

千葉ポートパークの概要

『千葉ポートパーク(ちばポートパーク)は、隣接する千葉ポートタワーとあわせて千葉県民500万人突破記念にオープンした公園である。千葉市中央区中央港1丁目。この地は「千葉港発祥の地」であり、現在でも港を行きかう船を見ることができる。公園は、市民の憩いの場として利用されている。JR京葉線及び千葉都市モノレール「千葉みなと駅」から徒歩10分。』ということ。

PB090240

べた凪の海岸にウインドサーフィンが浮かんでいましたが、ほぼ無風状態のため、「どうしても海に浮かんでみたかったのね」と、ちょっと同情してしまいました。

以前私もウインドサーフィンをしていたことがあったのですが、この『風待ち』の時間が無駄に思えて仕方なくなり、ジェットスキーに乗るようになりました。そのジェットスキー自体も存続が危うい状態ではありますが、どうしたものか・・・。

PB090262

2014.11.09時点でのキャンピングカージルの総走行距離は152,389km。ジェットスキーは微妙ですが、キャンピングカーはまだまだ乗り続けると思います。

PB090272

帰り道はとっても眠くなってしまったため、セブンイレブンで挽き立てコーヒー(セブンカフェ)を買って飲みました。ガソリンスタンドで貰った割引券を使えばホットコーヒーのレギュラーサイズが80円で飲めるため、気軽に買うことができますね。

今日千葉ポートタワーで見たフライボード、ジェットスキーの仲間と一緒に体験をしてみようかと、密かに考えているオヤジでした。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る