キャンピングカーで放浪の旅【14日目】~自宅へ&旅の総括レポート

キャンピングカーによる放浪の旅も最終日(14日目)を迎え、家に帰る日がきました。

キャンピングカー

国道1号線で箱根峠を抜け、藤沢・湘南海岸付近を通り、横浜方面へキャンピングカーを走らせます。

キャンピングカー

横浜ナンバーを確認しました。

キャンピングカー

その後、品川ナンバー・・・

キャンピングカー

川崎ナンバーを確認し・・・

キャンピングカー

アクアラインのトンネルに入ります。

キャンピングカー

アクアライントンネルはいつものように快適で、サスペンションを強化して乗り心地の悪いキャンピングカーでも非常にスムーズに走行ができます。

キャンピングカー

時間があるので海ほたるパーキングエリアに寄りました。その頃には雨が降り出し、まだ梅雨が明けていない時期を実感します。

キャンピングカー

海ほたるパーキングエリアはおみやげ物売り場や売店、ショップなどが充実していて、窓際から海を見ながらゆっくりできる場所もあるため、寄る価値のあるパーキングエリアだと思います。

キャンピングカー

海ほたるの駐車場を上から見るとこんな感じ。

キャンピングカー

3階部分だと思いますが、海抜22mということ。

キャンピングカー

海ほたるパーキングエリアを後にし、千葉県側の金田出口に到着。

キャンピングカー

千葉ナンバーを確認。

キャンピングカー

今日のご飯は『幸楽苑』で食べることに。

キャンピングカー

うどんばかりを食べていたので、久しぶりにラーメンが食べたいと思い、ラーメンとチャーハン、ぎょうざのセットを注文。

雨が結構強く降りつける外の光景を見ながら、四国の旅路を思い出しつつ美味しく頂きました。

キャンピングカー

雨が降る国道を走ります。

キャンピングカー

梅雨の最中のロングトリップでしたが、かえって涼しくてキャンピングカーでの連続車中泊も苦になりませんでした。

キャンピングカー

帰宅時の走行距離は160,358kmとなっていました。

キャンピングカー

出発時の走行距離は157,555kmだったため、今回の放浪の旅14日間で走行した距離は2,803kmとなりました。こうしてみると結構な距離を走ったものです。

また長いお休みが取れるチャンスがあればキャンピングカーでの車中泊旅行に出掛けたいものです。

【キャンピングカーでの放浪の旅 総括】

●とりあえず一人旅でしたが、長い旅の場合は喧嘩する人も居ないため、気楽で良かったかも。(少し寂しい時もありますが・・・)

●時間があれば高速道路ではなく下道で行くと面白い発見や出会いがあるかも。

●眠たくなったら無理せず小休止を。

●どこまで行ってもコンビニや道の駅があり、食事や休息に関して困ることはなかった。

●香川県のうどん屋さんは閉店時間が総じて早く、食べたいのであれば午前中から午後2時位までに行かなければ閉店している場合が多い。

●香川県の野池は10年前に比べて状況が一変し、非常に厳しい状況にある。

●淡路島の野池を巡るには軽自動車か、自転車があると良い。

●琵琶湖は彦根の辺りより、近江八幡の辺りの方が水がキレイ。

●琵琶湖のブラックバス釣りも年々厳しくなっていると地元の人が話していた。それでも50アップのストック量はやはり日本一だと思う。

●キャンピングカーでの長期車中泊に必要なのは、やはり快適な就寝スペース。トイレも非常に便利で使用頻度は高かった。

●14日間のキャンピングカーでの放浪生活でキャンピングカーのトイレの処理をしたのは1回だけ。トイレはコンビニや道の駅、ホームセンターなどの商業施設にウォシュレット付きの清潔なトイレがあり、キャンピングカーのトイレで『大』は一回もしなかった。

●風呂はおっさんの一人旅のため、2日に1回程度となったが、キャンピングカーのシンクで顔を洗い、歯を磨いてサッパリすればあまり問題はなかった。同乗者がいれば嫌がられるかもしれないが、今回は一人暮らしだったため、問題は無し。

●普段なかなか会えない各地の友人に会えたのは有意義だった。それぞれに悩みや問題を抱えながらも皆一生懸命頑張っている姿を見て、自分も頑張らなければという気持ちになった。

●キャンピングカーの燃料(軽油)の値段はガソリンスタンドを選べば千葉県とあまり変わりはなく、逆に千葉県より安いガソリンスタンドもチラホラあった。

●非力なディーゼルエンジンのキャンピングカーに箱根峠の上りはキツイ。エンジンがうなりを上げ、スピードは出ないしファンベルト付近からゴムの焼ける臭いはするしで、かなり厳しい状況だった。最新型のキャンピングカーが羨ましいと思った瞬間。

●サブバッテリーについては、14日間外部充電をしなくても十分にもちました。夜間に照明をあまり使用しなかったことや、冷蔵庫などの装備品も無いことから、あまり電気を使わなかったためだと思います。

●インバーターは非常に便利で毎日のように使用していました。携帯電話の充電からノートパソコンの充電、Wi-Fiルーターの充電と大活躍。300Wと小さいインバーターですが、モバイル機器の充電程度であれば十分。

Wi-Fiルーター

●これは今回借りたWi-Fiルーターで、スマホを持っていないガラケー野郎の自分にとってパソコンでインターネットが外出先で出来たのは大変便利でした。電波の入りも問題なく、余程の山奥でもない限り快適な通信環境でした。

●今回の放浪の旅(14日間)で走行した距離は2,803kmで、1L当たり7km程走行するキャンピングカーなので、消費した燃料は大雑把に400L程。軽油1Lを110円換算してみると、使った燃料代は44,000円。

高速道路は最小限の使用に留めたため、往復で5,000円程だと思います。

食費は香川県でうどん(安い)を食べまくたったので、一日1,000円程度(アイスクリームやお菓子代含む)で、14日間として14,000円。

お土産代に5,000円程。駐車場代に2,000円程。Wi-Fiルーターレンタル1ヵ月約8,000円

まとめると・・・

・燃料代44,000円
・高速代5,000円
・食事代14,000円
・駐車場代2,000円
・お土産代5,000円
・ルーターレンタル代8,000円
・宿泊費0円
・思い出:プライスレス←コレが言いたかった(笑)

キャンピングカーでの放浪の旅14日間(一人旅)の総合計費用は、78,000円となりました。

コレを安いと見るか高いと見るかは人それぞれだと思いますが、宿泊代が掛からないキャンピングカーでの車中泊であればこれ位という目安にして頂ければと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る