キャンピングカーで埼玉県の秩父方面にお出掛けしました【その1】

今回はキャンピングカーで埼玉県の秩父方面へお出掛けした様子をご紹介。

キャンピングカー

ついに走行距離が16万kmを超えてしまった私のキャンピングカージル。カムロードのフルモデルチェンジの噂もチラホラ聞かれる中、フルモデルチェンジとなれば旧々々カムロードになってしまうキャンピングカーをいたわりながら今日も出掛けます。

キャンピングカー

しかし7月末頃から始まった酷暑は厳しく、昨年エアコンのメンテナンスをして多少効きが良くなったキャンピングカーのエアコンですが、最大風量にしてようやくなんとなく涼しくなるような感じ。

居室部を含めた車内空間が広いキャンピングカーなので、それこそ家庭用エアコンのような強力に冷える装備品でも搭載しない限り、このような暑い日はかなり厳しいと言わざるを得ません。

お昼過ぎの一番暑い時間帯に家を出たので仕方はありませんが、このような暑い日は日が暮れてからの移動の方がいいかもしれないと思った次第。

キャンピングカー 高速道路

今回は時間的制約もあるため、素直に高速道路に乗ります。

環七通り

関越自動車道を目指すのですが、千葉県からは首都圏を通って行く道が一番のようで、千葉県内の高速道路を少し使い、その後環状7号線(環七)を使って東京外環自動車道(外環)を目指します。

環七通り

午後の環七通りは所々で渋滞が発生していて、道路脇では違法駐車の取締りが行われているようでした。

足立ナンバー

葛飾区の亀有周辺は足立ナンバーのようです。真新しい都の清掃車が走行していました。

丸亀製麺

お昼ご飯を食べそこねたので、遅い時間ではありますがうどんの丸亀製麺にてうどんを食べることに。四国への放浪の旅ですっかりうどん熱にスイッチが入り、無性にうどんが食べたくて仕方ありません。

丸亀製麺

注文したのは『ぶっかけうどん(大)』と、ちくわ天ぷら、かぼちゃ天ぷら、レンコン天ぷらというラインナップ。コレで確か700円前後だったような気がするのですが、やはりうどんはリーズナブルでよろしいと思う瞬間。

もちろんうどんはチェーン店ならではの品質と味で、「うん、間違いない」と納得の食感と味。お腹が空いていたこともあり、かなりのスピードで完食してしまいました。

キャンピングカー 高速道路

食べた後はしばらくキャンピングカーで暑い暑い東京都内を走りぬけ、ようやく東京外環自動道に乗ります。

キャンピングカー 高速道路

途中にあるトンネルを抜け、練馬インターを目指します。

キャンピングカー 高速道路

関越道/新潟の表示が見えてきました。

キャンピングカー 高速道路

ここからは関越道。ETCのバーが遅れて開くため、本当にスピードを落として料金所に進入しなければ、バーにキャンピングカーが衝突してしまいそう。

キャンピングカー 高速道路

高速道路はいつものように80km/hをキープ。特に夏の暑い時期はタイヤに負担が掛かるため、最近はキャンピングカーのタイヤのバーストが原因の事故も多発していると聞き、あまりスピードを出して走行しないように気をつけています。

80km/hで走行するのと100km/hで走行するのとでは、1時間当たりの走行距離が単純に20km違ってくる計算になるのですが、その20kmを走行するのに時速80km/hで掛かる時間は15分。

この15分をどう見るかによるのですが、私のキャンピングカーの場合は時速100km/hで走行し、タイヤがバーストなどのトラブルに見舞われた場合、軽く1時間はロスするだろうし、誰かがケガをするかもしれないと思うと、やはりスピードは出せないという結論に。

旧々カムロードは非力なキャンピングカーのベース車両ですが、あまり風のない高速道路の平坦面であれば時速100km/hで巡航する事も可能。しかしあえてそれをしないのは何よりも安全のため。

キャンピングカー 三芳SA

そんなことを考えながら途中の三芳SAで休憩と、タイヤやエンジンを一休みさせるために停車しました。キャンピングカーの外に出るとまさにドライヤーの熱風を浴びているような熱い風が吹いてきて、思わず「あ、暑っう~」とつぶやいてしまいます。

キャンピングカー 三芳SA

停車している乗用車・トラック・バスなど、人が乗っている車両は全車アイドリング全開です。しかしそうでもしなければ車の中で熱中症になってしまいそう。

キャンピングカー 高速道路

その後も80km/hキープの運転を続け、関越道の花園インターチェンジに到着したのが午後6時を過ぎた頃。

秩父

ここから国道140号線を使って秩父まで移動します。

ガソリン価格

途中キャンピングカーの燃料が心許なくなってきたのでJA SSで給油。軽油の現金価格は108円/Lとなっていますが、割引が適用される日だったらしく、なんと7円/L引きの101円/Lで給油することができました。「う~ん、JA SSもなかなかやるじゃな~い」と、すかっかり気分を良くした私。

熊谷ナンバー

ここまで来ると埼玉県の熊谷(くまがや)ナンバーが多くなります。今まであまり意識していなかったのですが、ナンバープレートに『熊』の文字が入っているって何だかカワイイと思いません?動物の名前が入っていると思われる他の県は、群馬の『馬』、鳥取の『鳥』などがあるようで、他にもあるのか調べてみたくなりました。

満願の湯

この暑さで汗をかきかきキャンピングカーを運転してきたので、今夜は秩父の温泉に入ることに。向かったのは『秩父温泉 満願の湯』。奥長瀞自然峡 露天風呂あり、ということです。

平日の17時以降は大人600円、子供300円ということで、平日の利用であればリーズナブル。土・日・祝祭日は3時間大人900円、子供450円となります。

お湯は100%天然温泉で、適度な濁りが温泉らしくていい感じ。特にお湯に塩味などが付いている訳でもなく、サラッとしたお湯。洗い場や脱衣場もキレイに清掃されていて、清潔で気持ちのいい温泉でした。

道の駅 秩父

温泉に入った後は道の駅秩父に移動しました。今夜はここがキャンピングカーのお宿となります。まだまだ昼間の熱気がかなり残っていて、キャンピングカーのエンジンを掛けてエアコンを使って寝ることに・・・。あまり良いとは言えませんが、周りの車もエアコン全開の中、寝苦しさを我慢するのもいかがなものかと思い、エアコンを使わせて頂きました。

道の駅 秩父

スーパーで買ったお弁当とビールを飲めば昼間の疲れから歯も磨かずにキャンピングカーの中で寝てしまいました。

キャンピングカー

本日の走行距離は198km。高速道路を使ったのでお昼過ぎに家を出たにも関わらず結構走りました。

ちなみにこの日の関東の最高気温は、千葉の37.4℃と、埼玉県熊谷市の37.6℃ということで、「あ、暑いところから暑いところに暑い思いをして移動しただけじゃ~ん」という結果に・・・。

さて、明日は関東でも有名な神社に行く予定です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る