キャンピングカーで短い夏休みを満喫『総走行距離1,035km』

2016年の短いサラリーマンの夏休みもあとわずか。

諏訪湖花火大会

河口湖と霞ヶ浦のダブルヘッダーを終えて向かう先は再び都心の高速道路。お盆休み期間中のためか、都心に向かう一般道も空いています。

諏訪湖花火大会

桜田門の辺りではポツポツと雨が空から落ちてきて「えっ!今日は雨なの?ちょっとそれは勘弁願いたい・・・」といったところ。

諏訪湖花火大会

途中大学生の集団を見掛けたのですが、皆さん熱心にスマホをいじりまわしている様子。もしかしてポケモンGOのレアポケモンでもいるのでしょうか?最近は電車の中でもポケモンGOをしている人の姿を多く見掛けるようになりました。

まぁ、ひとつの社会現象にもなっているため、しばらくはブームが続くのでしょう。それでも来年の今頃には『ポケモンGOって何?』みたいな感じになっていると思われますが・・・。

諏訪湖花火大会

やってきたのはひまわり畑。お天気が微妙ですが、キレイに咲き誇っていました。

諏訪湖花火大会

りんごも有名みたい。

諏訪湖花火大会

さらに到着したのは田舎のひなびた駅。

諏訪湖花火大会

『富士見駅』という駅名で、ここはウィキで調べると『富士見駅(ふじみえき)は、長野県諏訪郡富士見町富士見にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線の駅』ということで、そう、長野県に来ています。

茨城県の霞ヶ浦の次は長野県とは忙しい限りですが、短いサラリーマンの夏休みを満喫しようと思えば多少の無理は仕方ありません。

ひなびた駅と書きましたが、今日は人が大勢押し寄せています。

「こんなところまで何しに行ったの?」と思われてしまいそうですが、本日は諏訪湖花火大会の日。何でも打ち上げ数42,000発という日本一の打ち上げ数を誇る花火大会だけに、一度は見ておこうと思って遠路はるばるやってきました。

諏訪湖花火大会

これは電車の往復乗車券。後で知ったのですが、別にスイカでも良かったみたい。でも紙の切符を買うのは久しぶりなので、良い記念になりました。(ちなみにもう捨てましたが・・・笑)

諏訪湖花火大会

普段は混雑することもないと思われる駅舎ですが、ホーム上はご覧の通りの大混雑。昨年電車で行った茨城県の土浦花火大会を思い出してしまいました。ちなみに車は駅の近くに置いてあり、諏訪湖花火大会会場までは電車で移動。

そうしないと駐車場が無い上、花火が終わっても数時間は身動きが取れないと聞き、皆さん同様の方法で移動しているみたい。

さらに言えば車を停めている駐車場自体は無料です。

凄まじい混雑ぶりですが、さすがに電車の輸送能力は高く、瞬く間に人が電車に詰め込まれて出発していき、それ程待たずに電車に乗ることができました。

諏訪湖花火大会

電車を降りてから諏訪湖までは15分程の道のり。浴衣姿の女性が多数歩いていて、日本の夏を感じさせる風景となっています。

諏訪湖花火大会

花火大会が始まる前の諏訪湖湖畔の様子はこんな感じ。かなりの密集具合で、大きな花火大会ということが分かります。諏訪湖に来たのは初めて。ネットで調べるとどうもジェットスキーに乗れる湖のよう。

諏訪湖花火大会

心配されていた空模様もなんとか持ちそうで、時折涼しい風が吹き抜け、なかなかの花火観覧日和となりました。

諏訪湖花火大会

さすがに42,000発の花火と言うだけあり、スターマインを中心にかなりの時間花火が続きます。

諏訪湖花火大会

これが諏訪湖花火大会の最大の見せ場『キスオブファイヤー』という花火で、湖上から半円の花火が遠くから上がり、それが徐々に観客席に近付き、最後は花火がキスするように交わり、クライマックスを迎えるという演出。

例によって予備知識ゼロの状態で諏訪湖花火大会に訪れた私は、何が起こるのか最初は分からず、見ているうちに「なるほど」と、納得した次第。

諏訪湖花火大会

最後は相当な長さのある大ナイアガラの滝の上にスターマインが上がるという豪華演出でフィナーレを迎え、なかなか見ごたえのある花火大会でした。

諏訪湖花火大会

当然のように帰りの駅である『上諏訪駅』はこんな感じで大混雑。入場制限がかかっており、しばらくこの人ごみの中で待機せざるを得ませんでした。小さな子供を連れている家族もおり、子供にはちと過酷な状況ではないかと思います。

諏訪湖周辺は風が心地良かったのですが、駅周辺は人の多さもあり、かなりの蒸し暑さ。うちわでパタパタと扇ぎながら列が進むのを待ちます。

諏訪湖花火大会

そんなこんなで都心に帰ってきたのは午前1時半頃。

諏訪湖花火大会

キャンピングカーの外に見えるバスタ新宿にも人の姿はありません。

諏訪湖花火大会

サラリーマンの短い夏休みもお開きとなり、キャンピングカージルの総走行距離は169,606kmとなりました。

夏休みが始まった時は168,571kmだったので、この短い2016年の夏休み中に1,035kmも走行したことになります。1Lで7km程走るキャンピングカーなので、約150L程の軽油を消費した計算に・・・。

150L×85円/Lとして、12,750円の燃料代が掛かった計算になります。ただ、宿に泊まった日はないので、宿代はゼロ円となれば、残るは食費だけということになり、それなりにリーズナブルに遊んだということになるのでしょうかね。

次の長期休みはお正月なので、どこへ行こうか今から楽しみです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る