DIYショー2017を幕張メッセへ見に行きました【その12】『OLFA(オルファ)』世界初の折る刃式カッターナイフ「オルファ第一号」を発見!

今回は2017年8月26(土曜日)に千葉県の幕張メッセで開催された、『JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2017』通称『DIYショー』を見に行った時の様子をご紹介。

DIYショー

コチラは中国もしくは台湾からの出店業者さんのコーナー。本日はDIYショー最終日のため、展示されていた展示物を現品特価の1,000円で販売していました。

1,000円にしてはなかなか立派な収納用棚やハンガーのようなものがあり、大勢の女性が早い者勝ちといった感じで商品を品定めしています。

確かに展示会終了後に搬出するにせよ、トラックに積んで運べばそれなりに運賃も掛かるため、現地で処分してしまうのは良い方法かもしれません。

会場も東京ビッグサイトと違い、駐車料金の比較的安い幕張メッセでの開催ということもあり、自家用車で来場している人もそれなりにいると思われます。

さらに、このような最終日に展示品の即売会は毎年のように行われているため、それを目当てに来場する人もいるのかもしれません。

DIYショー

そんな光景を尻目に訪れたのは『OLFA(オルファ)』のコーナー。カッターで有名な会社で、私も愛用者の一人。

DIYショー

『始まりはこの一本から。』というキャッチコピーが書かれたボードには・・・。

世界初の折る刃式カッターナイフ「オルファ第一号」

刃物の代用として使われていたガラスの破片と、進駐軍の兵隊から貰った板チョコからヒントを得て、刃先を折ることで繰り返し使うことのできる折る刃式カッターナイフを考案しました。

とあり、折る刃式カッターナイフの発案と歴史の古さを紹介。少し光って見えにくいですが、現在のカッターに比べて本当に粗野な造りではありますが、カッターとしての機能及び、刃を折って使えるという機能はきちんとありました。

こういった物の原点を見るのが私は好き。「今でこそこんな立派な製品だけど、発売当時はこんなに粗い造りでした~」みたいなところが面白い上に興味深く、展示会ではそのような物が時々展示されていているため、見掛けると「ラッキー」と思ってしまいます。

DIYショー

あ、コレはチョイと駐車場にアンカーを打ちたくて少し調べてみました。

重量700kg程の物を水平に引くために必要な強度があるアンカーを探しているのですが、やはりその重量となればシングルアンカーでは心許ないみたいで、ダブルアンカー以上を推奨するとのこと。

DIYショー

この『トルコンアンカーTCW』というのがお勧めだそうで、最近はQRコードを読み込めば施工方法の動画なども閲覧できるらしく、まさに時代の最先端の商品紹介方法だと言えますね。

関連記事

ページ上部へ戻る