キャンピングカーでDIYショーを見に幕張メッセへ【その3】

今回は2016年8月27日(日曜日)に千葉県の幕張メッセで開催された『JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2016』(DIYショー)を見に行った時の様子をご紹介。

DIYショー

コレは隣の7・8番ホールへの連絡通路。DIYショーは小間数が多いため、幕張メッセの5~8番ホールを使用して開催されています。

ちなみに今年の出展社数は487社、1061小間と、1,000を超える小間数があり、ゆっくり見てしまえばとても一日で全ての出品小間を見て回ることはできないと思います。

DIYショー

こんな感じのトンネルの中をくぐっていきます。

DIYショー

7・8番ホールの様子。こちらにも大勢の人がいて、RYOBIなど有名メーカーの小間も見えます。

DIYショー

工具で有名なKTCのコーナー。ホームセンターなどで見掛けるブランドですが、私が購入するのはKTC位が限界。スナップオンなどの超有名工具もあるのですが、価格の面で全てをスナップオンで揃えるのは難しいもの。

DIYショー

何やらカラフルなラチェットハンドルが展示してありました。ハンドル部分が和風な感じでオシャレですが、価格は5万円!ちょいと手が出せるようなお値段ではありませんね。

DIYショー

こちらは日立のコーナー。最近の電動工具は18Vのバッテリーが主流のようで、少し前にあった14.4Vの電動工具の種類を18Vの電動工具が抜いているとのことでしたので、18Vが主流になる日も近いのでしょうね。

今年のDIYショーの来場者は106,966名。2015年の来場者は106,936名ということで、30名ほど2015年より多い結果となりました。

30名増ということですが、実質は昨年同様の来場者数だと思われます。もっとも3日間の開催日のうち、2日間はバイヤーズデーといって、ホームセンターなどの購買担当者が商談に訪れる日になっているため、一般の来場者は3日目の来場者数34,022名ということだと思います。

今年もいろいろな展示があり、なかなか楽しめました。来年2017年のDIYショーが今から楽しみです。

夜景

帰りに見た都心の夜景。曇り空だったため、空が白く写っていますね。

歌舞伎座

こちらはリニューアルされた歌舞伎座の様子。夜の姿は昼間と違い美しく、通りがかる人が足を止めて写真を撮っている姿も。

銀座

銀座は今夜も道路工事をしていて、3車線がいきなり1車線に規制されたりしています。

高速バス

ちょいとブレてしまいましたが、東京からUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)・大阪・京都へ向かう高速バスが前を走行していました。今の時間帯(23:00)から出発すれば、何時頃に大阪に到着するのでしょうか。

高速バス

ナンバーは『888』というこだわりのナンバーでした。

国会図書館

国会図書館の辺り。空が曇っているせいか、夜でも空が東京都心の光を反射して明るいですね。

新宿

新宿のFOREVER21の様子。

新宿

土曜の夜11時、まだまだ新宿駅周辺には大勢の人が行き来しています。この光景は夜12時を過ぎても続いているため、つくづく東京の人はパワフルだと思ってしまいますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る