ジローコーヒー→イオンモール→加賀フィッシングエリアでキャンピングカー内のダニ退治の効果を検証

ジローコーヒーに行ってみました。モーニングの時間に間に合うよう来店、コーヒーにサービスの食パンと卵、野菜ジュースが付いたセットを食べに。

ジローコーヒー

駐車場は少々混雑。

ジローコーヒー

それでも店内は空いており、今度は『ゴルゴンゾーラのチーズケーキ』を食べてみたいと思いながらモーニングを妻と堪能しました。

イオンモール

続いてやって来たのはオートキャンプ場。

イオンモール

ではなく、イオンモール。このイオンモールは草地の駐車場があり、程よく整備されているため、オートキャンプ場のサイトのよう。

そう言えば焚き火用の薪がまだまだ残っているため、消費するために焚き火をしなければいけません。『しなければ・・・』という訳ではありませんが、それを口実に外遊びがしたいだけなのかもしれませんね。

加賀フィッシングエリア

そして夜から久しぶりに『加賀フィッシングエリア』に釣りにいきました。加賀フィッシングエリアの第2駐車場に到着したのは午前1時20分頃。2018年6月10日(日曜日)の釣行記録です。

加賀フィッシングエリア

さすがに誰もいないと思いきや、私のキャンピングカーは、先頭から3台目でした。先日ダニの駆除を一応隅々までしたので、大丈夫だとは思いながらも、少し恐々キャンピングカーの中で寝てみることに。

加賀フィッシングエリア

翌朝6時前の光景。車列は4列程。本日は雨の予報が出ているため、もう少し少ないかと思いきや、意外に多くの人が加賀フィッシングエリアに訪れていました。

加賀フィッシングエリア

夏の定番ポイントでもある、1号池の島周りに入って釣り開始です。この時期の加賀フィッシングエリアに来るのは実は始めて。真冬と違い、どのように攻略すれば良いのか、全然分かりませんが、事前にインターネットで調べた知識と少し揃えたルアーを使い、釣ってみます。

スプーンは殆ど反応無し。時々アタリはあるものの、針にニジマス君が掛かりません。

加賀フィッシングエリア

ということで、フローティングタイプのミノーである、『デカミッツ ドライ』を初めて投入。クネクネとお尻を振り振りするアクションがカワイイルアーですが、ちっとも水中に潜らないため、「大丈夫かぁ~?」と思っていると・・・。

水面が『ガバッ!』と波立ち、ほぼ同時に『グィ~ン』と竿先に確かな生命感。「キ、キタ~!」と思いながらグリグリとリールを巻き上げ、貴重な1匹をゲット。

加賀フィッシングエリア

ただ、後が続かず、開始から1時間以上経過した時点でまさかの2匹と大苦戦。「やはり真冬のパターンとは大違いだなぁ~」と思いつつ、午前中の放流タイムを迎えました。

午前の放流は8:11分頃。放流カラーのドーナ、青銀のスプーン等でポツポツと釣れ、渋い中でも放流効果はありました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る