加賀フィッシングエリアの料金がついに値上げ・・・

2019年10月1日(火曜日)より消費税が8%から10%に増税となる。様々な物品の価格が2%分上昇するのは周知の上だが、それ以外の物も価格が上がりそうな物がありそう。

例えば私がいつも行っている『加賀フィッシングエリア』というニジマス君を釣るための管理釣り場。大人1日券は現在4,000円(税込)となっているが、消費増税を受けて値上がりするのではと密かに危惧していた。

その危惧が正に現実になろうとは・・・

加賀フィッシングエリアのホームページを見てみると、令和1年11月1日(金曜日)より値上げというお知らせが・・・

料金改定(値上げ)のお知らせ

令和1年11月1日(金)より、釣り券の価格を改定させていただきます。

これまで料金を据え置いてきましたが、消費税の増税や放流魚の仕入れ価格上昇により、現行の価格体系を維持するのが困難な状況となってまいりました。

今回の改定によりお客様にはご負担とご迷惑をおかけいたします分、お客様にご満足いただける釣り場の提供に努めて参る所存です。

何卒、ご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。

1.対象釣り券             改定後

ルアー・フライ1日券 ¥4,000 → ¥4,500
ルアー・フライ半日券 ¥3,000 → ¥3,500(*午前のみも可)
ルアー・フライ女性券 ¥3,000 → ¥3,500

2.改定時期  令和 1 年 11 月 1 日(金)

ということで、いつから4,000円だったのかは知りませんが、それなりに長くこの価格を維持してきているのであれば、昨今の増税や経済事情を鑑みると、仕方のないことかもしれません。

加賀フィッシングエリアから 料金の値上げの話。

・今まで通り4,000円で魚がそれほど増えない、もしくは環境の整備ができない状態を容認するか
・500円の値上げで魚を豊富に入れてもらい、トイレ等の環境整備をしてもらうか

どちらかを選べと言われているような気がします。しかし基本的に釣り人は魚の少ない状態を容認できない、もしくは我慢できないため、500円の値上げも止む無しといったところか。

それ以前に 値上げをせず無理して頑張って、最終的に加賀フィッシングエリア自体が倒産し閉鎖してしまうことになれば、加賀フィッシングエリアのファンにとっては、これ以上の痛手はないだろう。値上げ率としては12.5%と結構な値上げとなる今回の措置。

ただ、関東周辺で関東周辺において、加賀フィッシングエリアのような広大なポンドを持つ管理釣り場少なく、シチュエーションを見てもなかなか貴重なエリアであることは確か。

しか~し!

こんなことが近い将来起こるのではないかと密かに予感していた私は・・・

加賀フィッシングエリアのスタンプカードが満タンになったカードを貯めていたのです。値上がりする前に使えばただの4,000円券ですが、値上がり後に使えば4,500円券に化けるため、今のところ3枚満タンの券を持っているため、3枚で合計1,500円のバリューに。

たかが1,500円と思われるでしょうが、現在100万円を都市銀行の普通預金に1年間預けていても金利が7円しかつかないことを考えると、破壊的なバリューがあることには違いありません。

合計で4枚あるのですが、微妙に色が違うものが2枚ずつ。年代によって多少の色違いがあるというところか。

加賀フィッシングエリアのホームページはとても立派になっなったのですが、これで沢山の魚をどんどんいけすに入れてくれればありがたく、そうすればますますお客さんが来て十分経営が成り立っていくのではないかと思われます。

4枚目のスタンプカードはあと3個でスタンプがいっぱいに。このスタンプがいっぱいになるまで3回行くか、それとも4,500円になったので全て満タンになっている3枚を使うか悩むところ。

デジカメ用にスマホ用のケースを100均で買いました。気に入った色がなく、とりあえずということで買ってきましたが意外にピッタリ。あ、お台場キャンピングカーショーも久しぶりに行きたいですね。

当然日本製ではありませんが、こういうたぐいものを日本製として求めるのは最近は難しいかと。若干サイズが大きいようですが余ったスペースに予備電池など入れられそう。

100円でこれだけのクオリティーがあれば十分かと・・・

最近導入した新型デジカメ、カシオの『EX-ZR1100』を上から入れたところを見ると、こんな感じで少し余裕があります。

関連記事

ページ上部へ戻る