キャンピングカーで栃木県の『加賀フィッシングエリア』へ行ってきました【新しく導入したタックルボックスがいい感じ】20170128_01

今回は2017年1月28日に栃木県にある『加賀フィッシングエリア』という、ニジマスなどの管理釣り場(釣り堀)に行った時の様子をご紹介。

キャンピングカー 走行距離

キャンピングカーの総走行距離は177,522kmからスタート。そろそろディーゼルエンジンオイルの交換をしなければならない時期にきています。いつものトヨタさんに依頼をして、オイルとオイルエレメントの交換をお願いしないといけませんね。

キャンピングカー 加湿器

今回キャンピングカー内に新たに持ち込んだのは、『加湿器』。釣り場の駐車場に到着して寝るのはいいのですが、あまりの寒さに暖房を付けるとキャンピングカー内の乾燥がハンパなく、喉がカラカラに・・・。

キャンピングカー用に新たに小さな加湿器を購入しようかと思いましたが、使用頻度を考えるともったいなく、家で使っている大型のものを無理矢理持ち込んで使います。

気化式の加湿器のため、消費電力が10W程しかないため、キャンピングカーに装備している300Wのインバーターで十分作動可能。

加湿器を作動させながらスマホの充電も同時に行いましたが、全く問題なく両方の機器に電力を余裕で供給できていました。

さすがに家庭用大型加湿器のパワーはすさまじく、あっという間にキャンピングカー内が潤い、喉や肌に優しいキャンピングカーになりました。やはり冬場は乾燥に気を遣った方がいいということを、当たり前のことですが実感した次第。

キャンピングカー内での加湿器の使用は窓の結露などを起こすことがありますが、身体のことを考えれば、空気の乾燥する冬場などは積極的に利用した方が良いと思います。

加湿器があったおかげで、かなり快適に就寝することができました。

キャンピングカー 食事

今夜の夕飯はほか弁の『のり弁当』とセブンイレブンの『たっぷりクリーム 至福のロールケーキ』を美味しく頂きました。遅い時間の夕飯となったため、食べた後に歯を磨き、すぐに寝袋に包まって寝てしまいました。

加賀フィッシングエリア

今回も釣りを始めたのは暗い時間帯。頭にライトを取り付けての釣り開始となりました。

加賀フィッシングエリア

土曜日ということもあり、真冬ではありますが、そこそこの人数の人が来ています。

加賀フィッシングエリア

今日は晴れの良いお天気。朝焼けがキレイです。先日購入したタックルボックスが良い感じ。

加賀フィッシングエリア

やはりこうして釣り竿を立てて保管できるのは良いもの。今までのように地面に置いたままにして、自分で踏んだり、他の人に踏まれたりする危険が無いというのは安心。

加賀フィッシングエリア

いつもは水面に浮かんでいる鳥達が岸に上がり、何かをついばんでいました。鳥も水が冷たいのでしょうか?かなり水温が低いと思われ、「み、水に入るの嫌だなぁ~」とか思っていたりして・・・(笑)。

加賀フィッシングエリア

冬らしい感じの雲が出ていました。風も弱く、穏やかな天気です。

加賀フィッシングエリア

スプーンへの反応も良く、グリグリとルアーを引いていると、『ガツン』という感じで魚のアタリがあった後、グングンと竿が引き込まれ、リールのドラグが『ジジジ・・・』と音を立てます。

2lbラインと言う細い釣り糸を使っているため、慎重にやり取りをし、ランディングネットに収まれば私の勝ち。逆に『ビヨ~ン』という感じでジャンプ一発バレてしまう(魚が釣り針から外れ、逃げてしまうこと)と魚の勝ちとなります。

という感じで、釣りというレジャーではありますが、割と真剣に両者の駆け引きというか熱い戦いが繰り広げられているのです。

加賀フィッシングエリア

「いや~良いお天気で癒される~」という感じ。

加賀フィッシングエリア

と、油断していると、『ドカ~ン』と大型のニジマスが釣れました。掛かった瞬間「ん?これはデカイのでは?」と思いグリグリとリールを巻き、太い魚体が見えた時に思ったことは・・・「う、うわ~糸が切れてルアーが無くなっちゃう~」というようなヘタレ思想。

そんなしょーもない恐怖に怯えながら慎重に慎重にやり取りをし、直径45センチのランディングネットからはみ出す程の巨鱒をゲット。

「よっしゃゲット~」というよりは「ルアーが無事でよかった~」という感じ・・・(苦笑)。

実はこの少し前、先日釣具屋さんで久しぶりに「うお!」と思うような素敵な感じのルアーを見つけ購入していました。その新しく買ったルアーで「おお~このルアーは絶対釣れそうだなぁ~(←この思い込みが釣りには案外大切)」と思いながら第一投目・・・。

『ピシュッ』・・・『バチンッ』・・・という感じで、一度も水中を泳ぐことなくいい感じのルアーは湖底に沈んでいきました(泣)。

泳いでいたのは私の目だけ・・・「えっ!まだ一度も泳がしてないのにぃ~」と、半ば放心状態の私。「ま、まぁいいや、他のルアーもあるからね」と、少しふにゃけた感じで投げたルアーに喰い付いてきたのが先程の巨鱒。

加賀フィッシングエリア

そういえばさっきも少し離れたところにいた人が同じように『バチ~ン』と小気味良いラインブレイク音を響かせた後「あ、あのルアー高かったのにぃ~」と悔しがっていたのを見たばかり。

しかしその後に違うルアーで魚が釣れるとケロリとしているところを見るにつけ、「悪いことがあった後には良いことがあるんだな、釣りも人生と同じね」と、感慨深く思ってしまう私。

加賀フィッシングエリア

今日もしっかりと放流をしてもらえ、いわゆる『放流カラー』と呼ばれるルアー(スプーン)でさらに何匹か追加し、それなりに楽しめました。

加賀フィッシングエリア

午後はとっても暖かい日で、逆に穏やか過ぎて釣れない時間帯も長く意外に渋い一日ではありましたが、蓋を開けてみるとそこそこ退屈しない程度には釣れ、今日も楽しい一日となりました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る