加賀フィッシングエリア 2019年2月24日(日曜日)

今回は2019年2月24日(日曜日)に栃木県にある『加賀フィッシングエリア』という、ニジマスなどの管理釣り場(釣り堀)にキャンピングカーで行った時の様子をご紹介。

加賀フィッシングエリア

今回の釣り座はワンドの奥。午前中の放流は放流カラーのスプーンは投げず、クランクを投げて通す。周りもスプーンの反応は鈍く、アタリが無いとの声も聞こえる。

加賀フィッシングエリア

水質はご覧の通りの『ささ濁り』状態で、直前まで来ているクランクの姿も見えません。減水の影響が色濃く出ている模様。

加賀フィッシングエリア

それでもクランク(パニクラ、チビパニクラ)で退屈しない程度に釣れます。

加賀フィッシングエリア

水面の泡がなかなか消えないのはあまり水質がよろしくない証拠。

加賀フィッシングエリア

時々良いサイズが交じるのが楽しいですね。

加賀フィッシングエリア

ということで、午後の放流もスルーで、クランクを投げ続ける私。途中短時間だけペレスプを投げてみましたが、1ヒット、1バラシということで、ペレスプでの釣果は『ゼロ』。

加賀フィッシングエリア

終了の時間でもこの明るさ。営業時間を午後6時まで延長して欲しいところ。5月からは午後6時まで営業時間が伸びるので、それまでは我慢かな。

加賀フィッシングエリア

また来ますね。

加賀フィッシングエリア

本日の釣果は109匹。

加賀フィッシングエリア

あまり関係ありませんが、キャンピングカーの総走行距離は205,105kmに。

加賀フィッシングエリア

まとめはコチラ。

20190224(日曜日)加賀フィッシングエリア
・車列は7列程
・朝のグロータイムはほぼ無し
・朝のグロータイムでスプーンの釣果は『ゼロ』
・薄暗い時間帯からクランク(パニクラ)を使って釣る
・午前中も午後も放流カラーのスプーンは封印し、クランクをひたすら投げる
・パニクラ、チビパニクラのローテーションで数を稼ぐ
・クランクの針がすぐにダメになるため、頻繁に針を交換しながらの釣りとなる
・良いお天気で日中は厚手の上着が不要な程の陽気に
・減水は続いており、水の濁りもさらに悪化している
・時折大型も交じるため、釣れると嬉しい
・本日の釣果は109匹
・数は釣れるものの、バラエティーに富んだ釣り方が出来ないのは贅沢な悩みか?
・真冬の釣りはそろそろお開きとなり、春の釣りスタイルに移行しつつある感じ

関連記事

ページ上部へ戻る